teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


関西学生ホッケー秋季リーグ

 投稿者:広報  投稿日:2018年10月14日(日)20時49分14秒
  本日、立命館OICフィールドにて立命館大学との試合が行われました。

中京大学  0-3  立命館大学
第1Q 0-1
第2Q 0-0
第3Q 0-2
第4Q 0-0

  今日の試合は、早めの判断でシンプルにパスを繋ぐ攻撃、相手のフリーを作らないためのマンツーマンの守備を意識して試合に挑みました。

前半は、PCを取られる回数が多く、スキルのあるプレーヤーに対するチェックの行き方や取り切る位置の判断が今後の課題となりました。
PCを取られる本数は多くありましたが、キーパーの好セーブにより、第2Qまで1失点で抑えることができました。しかし、相手のサイドハーフの押し上げや、中のスペースを使ったドリブルに対応出来ず、サークルインされシュートをフリーで打たれる場面が多くありました。

後半では、相手の速攻でサークル内に入られる場面が多くありましたが、キーパーの好セーブにより、少ない失点で抑えることが出来ました。
また、中盤での粘り強いチェックからマイボールにし、攻撃のチャンスに繋げることが出来ました。
失点の原因は、サークル内でのマークミスと相手に単独ドリブルをさせてしまったことです。

今後の課題として、相手の陣形に素早く対応したハイプレスとそれに対するコーチング、サイドに寄せるチャネリングが挙げられます。
今回の試合では、失点を抑えたゲームをすることができたので、インカレまで時間は少ないですが個人の得意なプレーを伸ばす意識で練習に取り組んでいきたいと思います。

ご声援ありがとうございました。

西條みらい・北岡未帆
 
 

関西学生ホッケー秋季リーグ

 投稿者:広報  投稿日:2018年 9月23日(日)18時50分37秒
  本日、親里ホッケーグラウンドにて関西大学との試合が行われました。

中京大学  5-0  関西大学
第1Q 0-0
第2Q 2-0
第3Q 1-0
第4Q 2-0

今日の試合は、メンバー同士で思いやりを持ち、パスコースを増やすためのプレーをすることを意識して挑みました。

前半では、ボールを保持する時間は多くありましたが、バックパスや横パスを選択することで、FWに繋がらずチャンスを作ることができませんでした。今後は横パスによってできた中のスペースを使い、有効的に攻められるよう工夫していきます。また、トラップが安定しておらずルーズボールになる場面がありました。さらにそのボールに対する反応が遅く相手に取られることもあったため、全員がトラップの強化とルーズボールに対する反応を高めていく必要があります。

後半は、ハーフタイムに集中力を高めてボールやゴールに執着すること、相手のリスタート時のポジショニングの確認をして挑みました。しかし、リザーブの選手との共通理解ができておらず、メンバーチェンジをした際に相手のリスタートで打たれることが多くありました。今後はリザーブの選手との情報伝達や周りからのコーチングを徹底していきます。
良かった点として、前半の反省からツータッチを意識した攻め方で早めに前に繋ぎチャンスを作ることが出来ました。それによってサークルへの進入やシュートを打つ回数が増え、得点に繋がりました。

今回の試合で意識していた、メンバー同士で思いやりを持ったプレーは、日頃の練習から常に意識してチームとしてのプレーの安定に繋げていきたいと思います。

本日より関西秋季リーグが始まりましたので、春季リーグ同様三位以上を目標に頑張っていきます。

ご声援ありがとうございました。

西條みらい・北岡未帆
 

東海秋季リーグ

 投稿者:広報  投稿日:2018年 9月 9日(日)08時09分29秒
編集済
  昨日、川崎重工ホッケースタジアムにて東海学院大学との試合が行われました。

中京大学 0-8 東海学院大学
第1Q 0-2
第2Q 0-3
第3Q 0-3
第4Q 0-0

今回の試合は、ハイプレスで相手のパスの精度を落とさせる事を目標にして試合に臨みました。
前半では、ハイプレスがあまりできておらず回される事が多くありましたが、FWからのプレスがはまった時はチャンスになる場面もありました。しかし、サークル付近まで攻めてシュートを打つ場面はほとんどなく、攻めきることが出来ませんでした。その原因は、自己主張、自己表現が出来ないといったチームのウィークポイントだと思います。今後は、選手全員が自己主張や自己表現をすることに取り組み、やりたいことを伝える・感じ取ることが出来るようにしていきます。
後半では、中盤で細かいパスを繋いで攻める事が出来ました。守りの場面が多かったためFWのラインが下がってしまい、ロングボールが狙えませんでした。また、自陣のサイドでワイドから攻撃する時にカットされる事が何度も続き、その悪い流れを修正出来ずにパスミスが増えてしまいました。
日頃の練習からパスミスを減らす意識で取り組んでいますが、今回の試合では、オフザボールの要求・コーチングが少ないことでボール保持者を迷わせてしまい、パスカットされる場面が多くありました。パスを細かくつなぐ意識が出て、パスコースの選択肢も増えてきましたが、出し手のパスの判断、受け手の意思表示、主導権を改善すべく、練習に取り組んでいきます。

ご声援ありがとうございました。

北岡未帆・西條みらい
 

全日本大学ホッケー王座決定戦

 投稿者:広報  投稿日:2018年 6月29日(金)19時34分30秒
  本日、立命館OICフィールドにて東海学院大学との試合が行われました。

中京大学 0-2 東海学院大学

1Q 0-0
2Q 0-0
3Q 0-0
4Q 0-2

今日の試合は、ハードプレスと、気持ちで負けないプレーをして勝つ事を目標に、試合に臨みました。
第1Qから第3Qでは、無失点で試合を進めることが出来ました。それは、今までの東海戦で出ていた反省点を、一人一人が意識して試合に挑んだ結果だと思います。マンツーマンマークによって、相手が自由にプレーすることも少なく、また、粘り強いDFからカウンター攻撃をする機会が多くありました。
第4Qでは、残り5分でPCとフィールドゴールの2点の失点をしてしまいました。残り時間が少ない中での集中力や、サークル内でのマークの付き方原因だと思いました。
後半にはPCを何度も取られましたが、DFとGKの好セーブにより相手のシュートを抑えることが出来ました。
今回の試合での課題は、何度もあった攻撃のチャンスを得点に繋げられなかったことです。
しかし、気持ちで負けなった点はこの試合での成果です。一人一人の勝ちたいという気持ちが全面に出ており、よく走ることができていました。決して守りに入ることなく、攻めにいく気持ちがあったからこそ、DFのラインを高く保つことができました。その結果、サークル外でのチェックがいつもより多く、冷静な判断でプレーすることができました。また、強いプレッシャーを与えることで、相手のリズムをつくらせることなく試合を展開できた点も成果であると思います。

本日の試合をもちまして、前半戦の試合は全て終了となります。
また、後半戦での課題が明らかになったので、今後の練習で改善し、試合で結果を残せるように日々精進して参ります。

ご声援ありがとうございました。

北岡未帆・西條みらい
 

全日本大学ホッケー 王座決定戦

 投稿者:広報  投稿日:2018年 6月28日(木)16時30分21秒
  本日、立命館OICフィールドにて北海道大学との試合が行われました。

中京大学 11-0 北海道大学

1Q 4-0
2Q 3-0
3Q 2-0
4Q 2-0

今日の試合は、ハードプレスで1Q毎に3点以上取る事を目標に試合に臨みました。
試合開始早々、PCを獲得し得点には至らなかったものの自分たちのリズムを作ることができました。ワントップを生かした攻撃で得点を重ねていきました。全体的にボール離しのタイミングが遅く、相手にパスをカットされる場面もありましたが、DFがカバーする事で攻められる機会を少なく抑えることが出来ました。
ハーフタイムに、プレスのポジショニングの確認を行い、相手の打ち込みを抑える事で、後半は自分たちのチャンスを増やしていきました。
今回の試合は、球際の集中力を高く持ち続けることでフィールドゴールを多く決めることができました。しかし、リスタートが遅く相手のペースに合わせてしまう場面がありました。次の試合ではリスタートを意識し、自分たちのペースで試合を進められるようにしていきます。
王座初戦を大量得点で勝ちきることができたので、この勢いのまま明日の東海学院戦に臨みたいと思います。

ご声援ありがとうございました。

北岡未帆・西條みらい
 

来週は全日本大学ホッケー王座決定戦

 投稿者:部長  投稿日:2018年 6月24日(日)22時13分56秒
   女子部員の皆さん、6月28日からの全日本大学ホッケー王座決定戦、頑張ってきてください。
 指導者の皆さん、よろしくお願いします!!
 

東海選手権大会

 投稿者:広報  投稿日:2018年 6月16日(土)20時41分4秒
  本日、川崎重工ホッケースタジアムにて東海学院大学との試合が行われました。

中京大学1-5東海学院大学
第1Q 1-2
第2Q 0-1
第3Q 0-1
第4Q 0-1

今日の試合は、走力で負けない事、ハイプレス、格上相手に勝気で挑むことを意識して試合に臨みました。
第1Qでは、試合開始直後に#20丹羽がキレのあるドリブルでPCを取得し、#18武井が先制点を決めるなど、気持ちを前面に出したプレーが多くありました。
しかし、第2Q以降は失点を恐れた消極的なプレーが多く、良い流れを維持することができませんでした。
後半では、切り替える為の声かけなども少しずつ増えましたが、得点には繋がらず、失点を重ねることとなりました。失点の原因は、ほとんどが逆サイドのマークをフリーにしてしまうことでした。今後は厚みのある攻撃をすると共に、守備面にも厚みをかけていく必要があるため、全員で攻め全員で守ることを意識していきます。
今回の試合でマークチェックのコーチングや、逆サイドの選手がボールウォッチャーになる事など、守備の課題が多く上がりました。王座までの2週間でそれらの課題を改善し、格上相手に勝気で挑めるように日々努力していきます。

ご声援ありがとうございました。

西條みらい・北岡未帆
 

プレーオフの勝利

 投稿者:部長  投稿日:2018年 6月 3日(日)00時04分48秒
   女子部員の皆さん、錦織監督、大学王座決定戦プレーオフの慶応大戦での勝利、
大変おめでとうございました!!

 アウェーの環境で、よく頑張りましたね。
 

プレーオフ

 投稿者:広報  投稿日:2018年 6月 2日(土)22時33分3秒
  本日、駒沢オリンピック公園にて慶應義塾大学との試合が行われました。

中京大学6-0慶應義塾大学
第1Q  1-0
第2Q  3-0
第3Q  1-0
第4Q  1-0

今日の試合は、ハイプレスと奥行きを使った攻撃を意識して試合に臨みました。
第1Qでは、攻める時間が長く、優勢な試合展開になりましたが、得点には繋がらず、自チームのリズムを作り切ることが出来ませんでした。
しかし第2Qでは、開始早々にゴールを決めたことで流れを作り、1Qで3得点を挙げることができました。戦術を効果的に使い、高い位置でフォワードがボールを受けることができ、得点に繋がりました。
後半に入り、序盤はPCで得点することができましたが、徐々に攻められる場面が多くなりました。また、サークル内まで攻め込まれ、PCを取られるなどのチャンスを相手に与えてしまいました。
今後は、60分間を通してコンスタントに自チームのリズムを作るために、良い流れを持続させるプレーと悪い流れを変えるプレーを増やしていきます。また、できるだけ前でカットして攻撃に繋げていけるよう、ハイプレスを継続していきます。

今日の試合に勝利し、大学王座決定戦への出場権を獲得しました。ベスト8以上という目標に向けてチーム一丸となり、練習に取り組んでいきますので、ご声援のほど宜しくお願いします。

ご声援ありがとうございました。

西條みらい・北岡未帆
 

関西学生春季リーグ3位

 投稿者:部長  投稿日:2018年 5月28日(月)23時45分36秒
   女子の関西学生春季リーグ3位、誠におめでとうございました。
 優勢に試合を進めていましたが、しっかり勝ち切ることができて良かったです。

 前に3位になったのは、9年前の2009年度で、3位決定戦は、中京大1-0聖泉大。
 聖泉大は、関西学生に参加して2年目で、主将:小酒井梨紗さん、主務:岩瀬優子さん
の年でした。
 

レンタル掲示板
/55