新着順:20/603 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 何を目指す?

 投稿者:Pheega  投稿日:2019年12月14日(土)22時38分27秒
  通報 返信・引用
  > No.697[元記事へ]

Nobuo Yamadaさんへのお返事です。

Yamadaさん、お返事ありがとうございました。

何も決まっていない、ということですね。
ひとまず、今後の動きを楽しみにしています。

最後に一つだけ。
現在の状況であれば、イタリア語検定1級に限る理由は特にはないので、
単に「イタリア語上級者」で括るのでもよさそうですね。
CILSやらPLIDAやら、細かい垣根を全部とっぱらって。

いずれにしても、この会についての続報を楽しみにしています!


> Pheegaさんへのお返事です。
>
> > こんにちは。
> > 「1級合格者の会」とは、何を目指すグループなんですか?
> > 具体的なビジョンを知りたいです。
> >
>
> 何も決まっていません。話しあって決めれば良いと思います。伊検だけに色々な意見があると思いますので。あまり厳格に決めない方が、その時々の必要に対応できて良いかもしれません。
> 以下いくつかのアイディアをざっくばらんに、虚構の別人格として表現してみます。
>
> (労働経済学者)
> 1級合格者は25年間の累計267名と希少価値が高い。しかも合格率9.4%、5級までの累計志願者109,436名を分母とすると0.24%、実に400倍以上の狭き門である。
> しかし労働市場において現在、その希少価値に見合った対価は支払われていない。合格者の求人窓口があれば、人材の有効活用と市場価値の向上が期待できる。
> さらに医師、弁護士、政治家、芸術家など、専門的な職能を有する者もいるので、特殊な需要にも対応できる可能性がある。
>
> (有閑階級)
> 若い有望な合格者を支援したい。暇だけでなく、多少の人脈、経験もあるので活かせると思う。同窓会より面白そうだ。
>
> (世界市民主義者)
> 伊検の運営母体は「国際市民交流のための」イタリア語検定協会である。したがって合格者の会も私利私欲を捨て国際市民交流の理念を重視すべきである。
> ただ具体的に何をしたら良いかわからないので困っている。
>
> (冒険者)
> 日本におけるイタリア人社会を見学してみたいな。大使館とか、まあ無理だろうけど。
>
> (1級挑戦者)
> 2級位までは参考書もあるし、自習でもどうにかなるが、1級となると、どう勉強したら良いのか皆目見当がつかない。
> どうやって勉強したのか教えて欲しい。合格体験記を載せてもらえれば貪り読むと思う。
>
> (スパルタ教育愛好者)
> 1級合格くらいで、もうイタリア語の勉強をやめるのか?確かに、1級合格者にとって大抵の語学学校の授業はぬるすぎる!
> ならば作ろう!有志を集めて、講師を頼んで、もっと自由に喋れるように!
>
> (永遠の青二才)
> 皆さんをイタリア語学習に、一級合格にまで駆り立てたものは何ですか?イタリアへの愛、情熱、敬意ではないでしょうか?
> それは語るだけ、聞くだけでも楽しいはずだし、さらにその想いが実を結ぶための手掛かりが得られれば何よりです。私の場合...(以下略)
 
》記事一覧表示

新着順:20/603 《前のページ | 次のページ》
/603