投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


★7月の映画鑑賞会★ 『La pazza gioia (歓びのトスカーナ)』

 投稿者:LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2018年 6月25日(月)11時08分52秒
返信・引用
  心の病を抱えた2人の女性が束縛から解き放たれ、不思議な絆を育んでいく物語です。

Sara先生のお勧めの一本

約1時間 58分

A: 7月25日(水) 11:00 ~13:00

B: 7月29日(日) 11:00 ~13:00

========================================

LCIイタリアカルチャースタジオにて鑑賞しますので、皆様いらしてください!

入場料(1ドリンク付き):500円 (LCIイタリア語生徒様) 1000円 (一般)?3名以上催行

お申し込みはこちらへどうぞ。 info@lci-italia.com

http://lci-italia.com/andiamoalcinema.html

 

格闘技ネットショップのスタッフ募集

 投稿者:MAZA FIGHTメール  投稿日:2018年 6月 7日(木)14時46分40秒
返信・引用
  総合格闘技やボクシングなど格闘技グッズのネットショップでスタッフを募集しています。
イタリア人のオーナーの為イタリア語または英語ができ格闘技に興味のあるかた。
マネージャー、受発注スタッフを募集しています。
25歳~40歳位、PCスキルのある方、一緒に働いてみませんか。
ご応募お待ちしております。

https://www.mazafight.jp/?mode=f4

 

7月 特別講座 イタリア郷土料理とワイン~サルデーニャ

 投稿者:LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2018年 6月 4日(月)12時59分3秒
返信・引用
  7月 特別講座 イタリア郷土料理とワイン~サルデーニャ

ディナー&ワイン&オリーブオイル

『サルデーニャ島』をテーマにDa Casetta の佐藤シェフが腕を揮います。

ワインはインポーターの説明あり。AbbinamentoはLCI-Kyoko Matsuyamaがご案内します。

【日程】7月26日(木)19:00~21:00

【場所】 ダ・カゼッタ(浜田山)〒168-0065 東京都杉並区浜田山3丁目23-6 タキカワビル 1F

【会費】IVS会員:8,000円 ビジター(非会員):10,000円

IVSJapan主催ですが、初参加頂ける方はLCIより会員価格でご招待いたします!

 16席のみですのでお早めに!

 サルデーニャ料理とワインをご堪能ください。

  Pomodoroお申込み、お問合せはこちら  または info@lci-italia.comへどうぞ♪

http://lci-italia.com/seminar.html

 

EA - サマーフェスタのご案内

 投稿者:EAインターナショナルランゲージセンターメール  投稿日:2018年 6月 2日(土)15時43分15秒
返信・引用
  春、秋と好評を頂きましたコンサートイベント“FESTA”シリーズ。
いよいよ夏の到来となる、来る7/15(日)に「SUMMER FESTA(サマーフェスタ)」を開催致します。
https://www.facebook.com/EAilc/videos/1972848689456038/

3名のオペラ歌手による、オペラ、カンツォーネ、映画音楽などの演奏と、イタリアからの特別ゲスト、新進気鋭のアコーディオニストとのコラボレーションは、夏のお祭りにふさわしい豪華な饗宴です。是非、お聴き逃しなく!

そして、会場として、Vineria PINCO PALLINO さんのご協力を頂き、美味しいイタリアンワインとビュッフェを演奏と共にお楽しみ頂けます。

今回は、席数がかなり限られており、先着順でのお席確保となりますので、大変申し訳ございませんが、お早めにお問合せ先まで、ご連絡、ご予約をお願い致します。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

☆SUMMER FESTA(サマーフェスタ)
☆日時:2018年7月15日(日)
    ・第1ステージ15:30~(開場15:00)・第2ステージ19:00~(開場17:00)
     (17:00~19:00ビュッフェタイム)
☆会場:Vineria PINCO PALLINO (〒111-0032 東京都台東区浅草7-1-6)
☆前売チケット:7,000円(ワンステージのみ+ビュッフェ+ワンドリンク)
☆各ステージ先着20名様着席 / 最大25名様まで
☆申込締切:2018年7月7日(土)
☆お問合せ:EAインターナショナルランゲージセンター
            e-mail / eacenter-info@ea-ilc.com   Tel / 045-513-8238
            Vineria PINCO PALLINO
            e-mail / vinovinopincopallino@diamanti.co.jp   Tel / 03-5849-4744

http://www.ea-ilc.com

 

Andiamo al museo! イタリア人講師と美術館へ行こう!

 投稿者:LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2018年 5月28日(月)14時00分3秒
返信・引用 編集済
  国立西洋美術館で、特別展『ミケランジェロと理想の身体』展が始まります。こちらへ講師が一緒に巡り、ご案内します。

イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティの《ダヴィデ= アポロ》について事前に勉強会を行い、より特別展を楽しめる内容となっております。

【ミケランジェロ展 事前勉強会】

A)7月11日(水)12:30~13:30 または B)7月16日(月)12:30~13:30

【国立西洋美術館訪問】

C) 7月18日(水)9:30~11:00 または D) 7月21日(土)18:30~20:00

【講師】Letizia Guarini(日本語通訳・解説あり)

【参加費】3000円(LCIイタリア語生徒割引2500円)

*入場料は別途 こちらの参加費には約1時間の事前勉強会と美術館でのご案内が含まれます。


http://lci-italia.com/seminar.html

 

Re: marrone?arancione

 投稿者:amoitalia  投稿日:2018年 5月10日(木)15時12分23秒
返信・引用
  事務局さんへのお返事です。

ご返信有難うございます。
実際に試験で出題されたらどうしよう?と思っていましたが、そのような問題が出題される事はなさそうですね。もしあったら、単数形を選択すれば良さそうなので安心しました!ありがとうございました。
 

Re: marrone?arancione

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 5月 8日(火)13時11分34秒
返信・引用
  > No.583[元記事へ]

amoitaliaさんへのお返事です。

ご返信が大変遅くなり申し訳ありません。イタリア語検定協会として、どちらの見解を持つべきか、ということを明言することは、実際にそのような問題が出題されていないため、率直なところ難しいです。ただ、本来は、単数形が正しい形のようです。特にmarroneは、色ではなく、本来「栗」を意味します。また、形容詞ではなく、名詞であるため、例えば、guanti del colore del marrone「栗色の手袋」の"del colore(色の)"の部分が省略された形となり、guanti marroneとなっているからです。しかし、ほとんどのイタリア人は、guanti marroniとmarroneを形容詞として語尾を変化させて活用しているのが現状です。したがって、仮に、guanti marron〇の〇の部分を問う問題を出しても、どちらが正しいと言い切ることはできません。
本来の正しい言い方は、無変化形を使うこととなりますが、これだけ一般的に変化形が使われると、変化形が間違っているとは言い難いというのが、検定協会の見解となります。
 

marrone?arancione

 投稿者:amoitalia  投稿日:2018年 4月30日(月)12時30分20秒
返信・引用
  こんにちは。色を表す形容詞の中で、いくつか例外で、rosa、bluのように語尾変化しないものがありますが、marrone とarancione に関しては、参考書によって、語尾変化するグループに入っていたり、語尾変化しないグループに入っていたりするようです。本国イタリアでもどちらの使われ方も実例が存在するようです。
イタリア語検定協会さんでは、どちらの見解を取られていますか?(過去に同じような質問が出ていましたら重複して申し訳ありませんがご容赦下さい。)
 

ブルーノムナーリ大回顧展~事前セミナー開催!

 投稿者:LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2018年 4月23日(月)16時56分29秒
返信・引用
  4月7日から6月10日まで葉山の近代美術館でブルーノ・ムナーリに関する展覧会が開催中です。
LCIイタリアカルチャースタジオでは彼の人生、未来派時代の作品、晩年の絵本原画などについて勉強会を行います。
この講座を受けてから展覧会に行くとより理解が深まりますよ。お子様をお持ちの方からイタリアに興味がある方まで、どなたでもご参加頂けます。

【日程】① 5月20日(日)13:00~14:30 ② 5月23日(水)11:00~12 : 30

【参加費】3000円

【会場】LCI イタリアカルチャースタジオ

お申込みはこちらへどうぞ。 Eメール:info@lci-italia.com

http://lci-italia.com/2018/04/post-8c41.html

 

恋しちゃう? 「イタリア、アモーレ・ミオ!」が今年も開催!!

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 4月10日(火)15時32分45秒
返信・引用
  日本国内最大級のイタリアフェス「イタリア・アモーレ・ミオ!」が、今年も開催されます。2018年は第3回目を記念して、東京(4月21日~22日)、名古屋(7月21日~22日)、大阪(11月3日~4日)の3都市で開催。連日、無料のコンサートや映画の上映、人気イタリアンの出店など、様々なプログラムが用意されています。イタリアの文化を味わえ、イタリア一色に染まるフェスティバルに足を運んでみてはいかがでしょうか。
https://italia-amore-mio.com/ja/
 

Andiamo al museo! イタリア人講師と美術館へ行こう!

 投稿者:LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2018年 4月 6日(金)15時51分39秒
返信・引用
  国立西洋美術館で、特別展『ミケランジェロと理想の身体』展が始まります。こちらへ講師が一緒に巡り、ご案内します。

イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティの《ダヴィデ= アポロ》について事前に勉強会を行い、より特別展を楽しめる内容となっております。


【ミケランジェロ展 事前勉強会】

A)7月11日(水)12:30~13:30 または B)7月16日(月)12:30~13:30

【国立西洋美術館訪問】

C) 7月18日(水)9:30~11:00 または D) 7月21日(土)18:30~20:00

【講師】Letizia Guarini(日本語通訳・解説あり)

【参加費】3000円(LCIイタリア語生徒割引2500円)

*入場料は別途、こちらの参加費には約1時間の事前勉強会と美術館でのご案内が含まれます。

http://lci-italia.com/seminar.html

 

イタリア文化特別講座『イタリア広告と庶民の生活』第2回

 投稿者:LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2018年 4月 6日(金)15時26分15秒
返信・引用
  カリメロやトポジージョが生まれたイタリア商品をご存じですか。

イタリア語が標準化されていった変革の頃のお話です。
当時の広告番組カロゼッロの重要な役割についてご紹介します。
実際にカリメロたちがどんな言葉で話しているか観てみましょう!


【日時】 2018年6月17日(日)12:00~14:00

【参加費】4000円(LCIイタリア語生徒割引) 一般:4500円(カロゼッロに因んだ商品をプレゼント!、カフェ、ワイン、ドルチェ付き)

【講師】  Sara Franzoni (通訳あり)

お申し込みはこちらへどうぞ。info@lci-italia.com

http://lci-italia.com/2018/04/carosello-2.html

 

LA CUCINA LUCANA バジリカータ料理とワイン講座開催

 投稿者:LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2018年 4月 6日(金)13時50分31秒
返信・引用
  バジリカータ州出身のレティツィアさんを迎えて郷土料理を作ります!

【日時】 5月12日(土) 17:00-20:00
【MENU】Antipasto: Rafanata わさびのフリッタータ(オムレツ)『ラファナータ』
    Primo: Lagane e ceci 手打ちパスタ『ラーガネ』とひよこ豆
    Secondo: Ciambotta lucana 野菜のシチュー『チャンボッタ』
    セレクトワイン付き
【参加費】1回 6,000円(材料費全て込み)
     LCIイタリア語コースの生徒割引:5,500円

お申込み、お問合せはこちらへどうぞ♪info@lci-italia.com

http://lci-italia.com/cucina.html

 

スクオーラ レオナルドダヴィンチ留学説明会&交流会開催

 投稿者:LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2018年 4月 2日(月)18時50分5秒
返信・引用
  LCIイタリアカルチャースタジオとミラノ校をインターネットで繋いで
大きな画面を通して、実際のイタリアの学校を巡り、ご案内します。
イタリアは平日の午前ですので、実際の学校の様子を見てみましょう。

講師や留学中の生徒の皆さんのインタビューも予定しております!
後半は交流会。イタリアのアペリティーボの風習にならって、
スパークリングワインやドリンク、お食事を楽しみましょう!

スクオーラレオナルドダヴィンチに興味のある方、留学に興味のある方、
また、卒業生や イタリア好きの人やイタリア人と話したい方、
留学には行かないけれど参加してみたいという方も、大歓迎です。
初めての方も是非、気軽にご参加してみてください。
詳細はこちら http://lci-italia.com/2018/03/post-022b.html

【日時】 2018年4月13日(金) 18:30~20:00
【会場】LCI イタリアカルチャースタジオ
アクセス : 〒180-0003東京都武蔵野市吉祥寺南町2-29-5(半地下)
中央線・京王井の頭線「吉祥寺」駅公園口から徒歩7分
【参加費】2,500円 (ワインやソフトドリンク、軽食つき)

お問合わせ・お申込み:
info@lci-italia.com 宛に、お名前、連絡先、人数を送ってください。

http://lci-italia.com/2018/03/post-022b.html

 

通訳ガイド試験 語学筆記試験免除

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 4月 2日(月)11時24分46秒
返信・引用
  平成30年度より、伊検1級合格者は全国通訳案内士試験(旧称 通訳案内士試験) 筆記試験語学科目が免除されることとなりました。
詳しくは、JNTO(日本政府観光局)のページで平成30年3月改訂のガイドラインをご覧ください。
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/index.html

受験者の皆様、特に1級2級を目指している方々にとっては、大きな励みとなるのではないでしょうか。
伊検事務局は、これからも、より親しまれ、信頼される検定の運営に努めてまいります。日頃の学習成果を試すためにも、皆さん、ぜひ挑戦してください!

http://iken.gr.jp

 

Re: 伊検2級とCILS DUE(B2)

 投稿者:KTメール  投稿日:2018年 3月19日(月)23時32分34秒
返信・引用
  > No.573[元記事へ]

soleさんへのお返事です。

Soleさん、ありがとうございます。ブログを拝見させて頂きました。手探りで勉強しているので先輩方の体験談は大変参考になります(思っていた以上に大変そうですが)。目標地点(レベル)を定めてどれ位の期間で到達出来るかというのは精神的に辛くなりそうなので、始めて2年間で何処まで行けるだろうという軽いノリで始めました。ところが今や必死なので子供達が大笑いです。
皆さんが色々工夫して取り組んでいるのを見て、Soleさん達と同じ事はとても出来そうにはありませんけど、もう少し自分なりに工夫してみます。

> KTさんへのお返事です。
>
> > 第46回検定お疲れさまでした。また協会の方々に運営感謝申し上げます。私は今回3級と準2級を受験し、10月に2級に挑戦するつもりです。結果は未確定ですが(ヒアリングと筆記はクリアしているようですが、作文は胸を張って自信ありません!)、来月の発表を待たずに次の目標設定してモーティベーションを上げます。今度は7か月の時間があるので6月に他流試合(練習試合?)としてCILS DUEの受験とその勉強、それで10月の伊検に向けて少し前進と考えています。CILS DUEは伊検2級と同じくらいの水準で少し違った切り口の試験かと想像しているのですが違いますでしょうか。ご存知の方にご助言頂けますと有難いです。
>
> 伊検2級とCils B2に一発合格された友人のインタビューをまとめたものを ご参考になさってください:
> https://blog.goo.ne.jp/nichii-bunka-kouryuukai/e/0557c3428a4b8b21bf83556704c7dcd9 ここにもあるようにCILSは夕方までかかる体力勝負の試験で運用力が試されます また鉛筆ではなくボールペンで等 日本の検定試験とは少し違うようです 私自身は体力がないので伊検しか受けていません まわりには両方受ける友人も多いです ご健闘を祈っております
 

Re: 伊検2級とCILS DUE(B2)

 投稿者:sole  投稿日:2018年 3月19日(月)21時10分38秒
返信・引用
  > No.570[元記事へ]

KTさんへのお返事です。

> 第46回検定お疲れさまでした。また協会の方々に運営感謝申し上げます。私は今回3級と準2級を受験し、10月に2級に挑戦するつもりです。結果は未確定ですが(ヒアリングと筆記はクリアしているようですが、作文は胸を張って自信ありません!)、来月の発表を待たずに次の目標設定してモーティベーションを上げます。今度は7か月の時間があるので6月に他流試合(練習試合?)としてCILS DUEの受験とその勉強、それで10月の伊検に向けて少し前進と考えています。CILS DUEは伊検2級と同じくらいの水準で少し違った切り口の試験かと想像しているのですが違いますでしょうか。ご存知の方にご助言頂けますと有難いです。

伊検2級とCils B2に一発合格された友人のインタビューをまとめたものを ご参考になさってください:
https://blog.goo.ne.jp/nichii-bunka-kouryuukai/e/0557c3428a4b8b21bf83556704c7dcd9 ここにもあるようにCILSは夕方までかかる体力勝負の試験で運用力が試されます また鉛筆ではなくボールペンで等 日本の検定試験とは少し違うようです 私自身は体力がないので伊検しか受けていません まわりには両方受ける友人も多いです ご健闘を祈っております

https://blog.goo.ne.jp/nichii-bunka-kouryuukai

 

Re: 準2級 正解表について

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 3月19日(月)15時30分3秒
返信・引用
  > No.571[元記事へ]

重野さんへのお返事です。

正解表は現在アップされているものが最終版です。
ご指摘の通り、当初公開したバージョンには準2級N34にミス・タイプがあったため、ただちに改訂版をアップしたものです。
混乱を招き、ご迷惑をおかけしたことに深くお詫び申し上げます。

好結果となりますよう、お祈りしております!

> 事務局御中
> ここ3年ほど毎回受験させて貰っています。
> 過去問のコンビニプリント等、便利で助かっております。
> 行き届いた試験運営をありがとうございます。
>
> 準2級の正解表に関する確認をしたく書き込み致します。
> 改めてUPされている正解表を拝見しました所、
> 協会様から変更対象と発表のあったN33およびN43以外で、
> N34も当初正解表とは異なっているように思います。
>
> N34も含め、現在UPされているものが最終版と考えてよろしいでしょうか?
> お恥ずかしい話ですが合否ボーダーライン上におり、1点が貴重である為、
> 念のため確認させて頂く次第です。
>
> どうぞ宜しくお願い申し上げます。

http://iken.gr.jp

 

準2級 正解表について

 投稿者:重野  投稿日:2018年 3月19日(月)14時45分26秒
返信・引用
  事務局御中
ここ3年ほど毎回受験させて貰っています。
過去問のコンビニプリント等、便利で助かっております。
行き届いた試験運営をありがとうございます。

準2級の正解表に関する確認をしたく書き込み致します。
改めてUPされている正解表を拝見しました所、
協会様から変更対象と発表のあったN33およびN43以外で、
N34も当初正解表とは異なっているように思います。

N34も含め、現在UPされているものが最終版と考えてよろしいでしょうか?
お恥ずかしい話ですが合否ボーダーライン上におり、1点が貴重である為、
念のため確認させて頂く次第です。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

伊検2級とCILS DUE(B2)

 投稿者:KTメール  投稿日:2018年 3月15日(木)21時12分20秒
返信・引用
  第46回検定お疲れさまでした。また協会の方々に運営感謝申し上げます。私は今回3級と準2級を受験し、10月に2級に挑戦するつもりです。結果は未確定ですが(ヒアリングと筆記はクリアしているようですが、作文は胸を張って自信ありません!)、来月の発表を待たずに次の目標設定してモーティベーションを上げます。今度は7か月の時間があるので6月に他流試合(練習試合?)としてCILS DUEの受験とその勉強、それで10月の伊検に向けて少し前進と考えています。CILS DUEは伊検2級と同じくらいの水準で少し違った切り口の試験かと想像しているのですが違いますでしょうか。ご存知の方にご助言頂けますと有難いです。  

アンケートへのお答え

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 3月15日(木)13時19分45秒
返信・引用
  先日実施された春季検定の会場で皆さんにご記入いただいたアンケートを一通り拝見しました。
貴重なご意見を数多くいただき、有難うございました。実現可能なものから、今後の運営に生かして参ります。

ここでは、二つのご意見・ご要望についてお答えしてみたいと思います。

1.「検定当日に正解表を配布して欲しい」
毎回多くいただくご要望なのですが、二つの理由から、これは不可能なのです。
まず第一に、時差のあるイタリア会場でも同日に同一の試験問題を使用して検定が実施されるという事情があります。解答の漏えいを防ぐために、正解表を即日配布することはできません。
第二の理由として、正解の検証手順が挙げられます。問題作成者から提出された正解は、問題検証委員により綿密にチェックされます。問題の秘匿性を完全に確保するため、試験が終了するまで、問題と正解は検証委員には開示されません。検証委員のチェック、及び(必要な場合は)問題作成者との協議のため、正解が確定するまでどうしても一両日は必要なのです。
以上の理由により、正解の即日公開は不可能ですので、ご了承ください。

2.「コンビニ・プリントの値段が高い」
コンビニ・プリントの最低価格はローソンにより片面1枚40円と定められており、伊検の場合は、この最低料金で販売しています。
過去問題の場合はB4両面印刷二つ折りで冊子の形に製本されるようにしていますので、4ページで80円となります。従って、4ページ減らせば、単価は80円(だけ)安くなります。
問題冊子のパートはオリジナルのレイアウトを維持しておきたいところです。解説のパートを今以上に文字を小さく、行間も狭くして詰め込むと非常に読みにくいものとなってしまうでしょう。
現実的に可能な最低価格で配布していることをご理解いただければと思います。
ちなみに、発行者の手取りは販売金額の35%に過ぎません。

http://iken.gr.jp

 

Re: 2級のリスニングについて

 投稿者:Che  投稿日:2018年 3月 9日(金)09時23分25秒
返信・引用
  > No.566[元記事へ]

soleさんへのお返事です。

Soleさんありがとうございます。私も教材は文流で買うようにしています。Imparare leggendo、Ascolto Medioも分流で買いました。私のおすすめはImparare leggendoです。文流で見てみて下さい。とりあえず5月頃までImparare Leggendo, Ascolto Medioをやって6月頃から過去問やろうとおもいます。(何と過去問は2003年から14年分あります。)

Buona fortuna.

> Cheさんへのお返事です。
>
>
> ディクテーションはとても有効だと思います (NHK応用編など) あと私は Edilingua の”Ascolto: Ascolto Avanzato Libro + CD” や”同 Ascolto Medio”等をやったり 伊検過去問十数冊を スピーカーの声音も覚えるくらい何度も聞いたりしていました
> 試験直前に模試のようにして使うために 1冊だけはやらずにとっておきます
>
> 検定試験はとてもエネルギーを使いますよね なので過去問も何度もやると だんだんと楽にやれるようになってきます
> また来週にも文流に"Ci vuole orecchio"等を買いに行く予定です 映画のDVDも映像をストップして辞書引き引き観たりしていますが 昔は難しいと感じていた音源がわかるようになると嬉しいものです Forza!
>
>
>
 

伊語ボキャブラリーコンテスト

 投稿者:cindy  投稿日:2018年 3月 8日(木)20時54分58秒
返信・引用
  イタリア語学習者に朗報! 無料で参加できる「伊語ボキャブラリーコンテスト」が開催。優勝者には優勝賞品もあり!

ソフィア・外国語研究協会ではきたる4月15日(日)午前10時から、下記のとおり「第11回英語ボキャブラリーコンテスト」「第1回伊語ボキャブラリーコンテスト」を実施する運びとなりました。若い方からご高齢の方までお楽しみいただいております。参加費無料の今のうちにぜひご参加下さい。

参加費:無料(現在キャンペーン中につき無料)
持参物:鉛筆(又はシャープペン)及び消しゴム(解答用紙はマークシート)
期日:4月15日(日曜日)午前10時集合(時間厳守)
会場:東京都月島社会教育会館(中央区月島4-1-1、リンク先に地図があります。月島駅10番出口出てすぐ)5階第1・2洋室
解答用紙を提出すればご帰宅いただけます。正解はコンテスト当日の夕方頃までに当協会のサイトに公表する予定です。

次の2言語の中から1言語または2言語を選択することができます。
英語(40分)、伊語(40分)

2言語を選んだ場合、2言語の総得点を競うコンテストではなく、2つの別々のコンテストに参加したことになります。したがって2つの言語ともに最高得点を獲得した場合は優勝賞品も2つ獲得できることになります。

英語は中級から最上級まで100問
伊語は初級から中級まで80問

最高得点者はサイトに氏名及び得点を発表し、英語の最高得点者に3,000円分のクオカード、伊語の最高得点者に2,000円分のクオカードを贈呈します。最少催行人数は各言語とも1名で、仮に1名だった場合は自動的にその方が最高得点者となり賞品を獲得できます。

申込:合計48名。
参加希望者は、info@w-sophia.com まで次の3点をメールにてお知らせください。
(1)氏名
(2)選択する言語(1言語または2言語)
(3)電話番号(営業や勧誘の電話をかけることはありません)

参加が可能か否かに関わらず返信致します(万が一、2日経過して返信がない場合は、事務局までメールが届いていない可能性がありますので、再度メールを送って下さい)。携帯からもメールで予約は可能ですが、PCからの受信が可能な設定にしておいてください。

このコンテストは当協会のキャンペーンのために行っているものであり、販売や勧誘を目的とするものではありません。安心してご参加ください。スタッフ一同、ご参加をお待ちしております。

やむを得ない事情でコンテストが開催できなくなった場合は、できる限り早くその旨お伝えするように努めまずが、当協会からの連絡が間に合わずに、当日会場までお越しになった場合でも損害賠償責任までは負わないものとします。特に遠方からお越しの方はあらかじめご了承ください。

http://w-sophia.com/

 

Re: 2級のリスニングについて

 投稿者:sole  投稿日:2018年 3月 8日(木)17時53分53秒
返信・引用
  > No.564[元記事へ]

Cheさんへのお返事です。

> 昨秋に準2級を受けて合格し、今年の10月に2級を受けようと思っているものです。Ascoltaの勉強方法につきお訊ねしたいと思っています。(過去に一度2級を受け、作文、読解、文法は80%位とれたのですが、Ascoltaで60%程度しか取れず落ちました。)具体的のどのような勉強をすれば宜しいでしょうか? 現在はImparare Leggendoというイタリアで出版された教材のB2レベルでディクテーションをやっております。Radio 24のニュースをPod Castで聞いておりますが理解力は20%程度です。

ディクテーションはとても有効だと思います (NHK応用編など) あと私は Edilingua の”Ascolto: Ascolto Avanzato Libro + CD” や”同 Ascolto Medio”等をやったり 伊検過去問十数冊を スピーカーの声音も覚えるくらい何度も聞いたりしていました
試験直前に模試のようにして使うために 1冊だけはやらずにとっておきます

検定試験はとてもエネルギーを使いますよね なので過去問も何度もやると だんだんと楽にやれるようになってきます
また来週にも文流に"Ci vuole orecchio"等を買いに行く予定です 映画のDVDも映像をストップして辞書引き引き観たりしていますが 昔は難しいと感じていた音源がわかるようになると嬉しいものです Forza!


 

外来語の性別

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 3月 8日(木)10時38分5秒
返信・引用 編集済
  YYTさん、Pigronaさん、回答が遅くなり申し訳ありませんでした。

準2級では、「日常生活全般に必要なイタリア語を理解し、表現することができる」また「日常的な範囲の会話やテレビ・ラジオの内容を聞き取る」能力が求められます。そのため、試験の対策として、現地の新聞やテレビを読んだり、見たりする学習が必要となります。

小学館の伊和中辞典は大変優れた辞書ですが、最終版が1999年発行と大変古く、新しい用語、特にインターネットやIT関連の用語は不十分です(電子版も紙のものと内容は変わりません)。また、比較的新しい白水社の辞書、Il Primoも発行が2011年なため、こちらもインターネット・IT関連の用語は十分にカバーできていません。準2級以上では、伊伊辞典の活用が求められます。お薦めなものは、Zanichelli社のZingarelliです。こちらは毎年改訂し、新しい言葉も豊富に収載されています。現地の新聞を読むには、新しい言葉の理解は欠かせません。スマートフォン、人工知能、仮想通貨などといった言葉はイタリアの新聞でも毎日のように目にするので、覚えておくと良いでしょう。

外来語の見分け方は、基本的には外来語は男性形というのがルールです。出題されているsmartphoneも外来語であるため男性形であり、s+子音で始まっているので、定冠詞はloとなります。selfieも外来語で、上記のZingarelliも男性形扱いとなっており、また多くの人が男性形として使用していることから、今回の試験でも男性形であることを前提として出題いたしました。しかし、selfieが写真を表す単語であり、その写真を示す単語がfoto、女性形であるため、中には女性形として使用する人もいる、ということが様々な資料を参照した結果分かりました。emailが使われ始めた時にも、このような現象が起こり、本来は外来語なので男性形として使うという意見も多くあった中、emailを表すイタリア語がposta elettronicaと女性形であることから、女性形として使用することが見受けられ、最終的には女性形として定着した経緯があります。
selfieは、まだ新しい言葉で、性別を問う問題として出題するにはいささか早かったかも知れません。

http://iken.gr.jp

 

2級のリスニングについて

 投稿者:Che  投稿日:2018年 3月 7日(水)13時13分19秒
返信・引用
  昨秋に準2級を受けて合格し、今年の10月に2級を受けようと思っているものです。Ascoltaの勉強方法につきお訊ねしたいと思っています。(過去に一度2級を受け、作文、読解、文法は80%位とれたのですが、Ascoltaで60%程度しか取れず落ちました。)具体的のどのような勉強をすれば宜しいでしょうか? 現在はImparare Leggendoというイタリアで出版された教材のB2レベルでディクテーションをやっております。Radio 24のニュースをPod Castで聞いておりますが理解力は20%程度です。  

selfie

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 3月 7日(水)10時34分58秒
返信・引用
  準2級 N43 の回答について:
作問段階では外来語selfieは原則的に男性名詞扱いされるという観点から、正解を"c"とすることを前提に出題されましたが、その後各方面にわたって調査・審議したところ、女性名詞として扱われている事例もあり、現段階としては、まだ明確に性別が定義されていない単語であるため、b) della c) dei d) delle のいずれの回答も正解として採点を進めることとなりました。

http://iken.gr.jp

 

正解表発表

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 3月 6日(火)15時05分57秒
返信・引用
  一昨日の検定本番、皆さんお疲れさまでした!
実力は発揮できたでしょうか?

東京会場では、人身事故のため中央線が45分ほど運休したので、午前の開始時刻を10分繰り下げましたが、それ以外は各会場とも問題無く実施できました。

本日15:00にHP「試験結果」のページに正解表を発表しましたので、答え合わせにご利用ください。ただ、ごく一部の問題について、現在正解を厳正に審議中です。最終結果は改めてご報告いたします。

Pigronaさん、YYTさんの書き込み・お問い合わせについては、追って回答いたしますので、少々お待ち下さい。

http://iken.gr.jp

 

外来語の冠詞の定義

 投稿者:Pigrona メール  投稿日:2018年 3月 5日(月)19時02分30秒
返信・引用 編集済
  独学で勉強しているものです。
昨日の準2級の問題のスマートフォンとセルフィーの性別と単数、複数は、どうやって見分けるのでしょうか?小学館の電子辞書を使っていますが、まだ掲載されておりません。帰ってネットで調べましたが…わかりません。例えば、Wi-Fiは男性名詞のようですが、ネットの記事によっては単数扱いだったり複数だったり…
どれが正確な情報がどうなっているかも検討できません。
受験者には、コツコツ頑張って高齢者の方々もいらっしゃいました。セルフィーなんて言葉がわかるのかしら?とも思いました(笑)。(きっとイタリア語を勉強されている方ならわかるかもしれませんが)
しかしながら、これから言葉もボーダレスの時代となる事と思うので大変興味深い問題で、仲間内で、喧々囂々
となり面白いと思いました。言葉は生き物、原語の奥深さを改めて感じました。是非、外来語の冠詞の本をや資料などがあれば教えて頂きたいです。
外来語の冠詞はイタリアでは、誰がどうやってきまるんでしょうか?文部省的なところですか?
 

準2級の問題について

 投稿者:YYT  投稿日:2018年 3月 5日(月)17時01分6秒
返信・引用
  昨日、準2級の試験を受けたのですが、疑問がありご教示頂ければと思い投稿致します。

N41,42のスマートフォンやセルフィーについてですが、在日イタリア人や、イタリア在住の友人に聞いたのですが、外来語な上に近年の言葉なので、男性名詞、女性名詞が曖昧なようです。

外来語でも、イタリア人が確実に使う、または統一されている事が掲載されている本またはインターネットのページなどがあれば教えて頂ければと思います。

また、受験の際、年配の方も多くいらっしゃいましたので、老若男女問わずイタリア人がよく使用しているような事を問題にして頂きたかったです。
 

/18