teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


走馬燈

 投稿者:nobuchan  投稿日:2013年 2月11日(月)15時10分7秒
返信・引用
  過ぎ去った日々の形容に「走馬燈のように」ってありますが、今時、そんな実物を見た人ってあまりいないと思われるので、実物を見なくても絵とか伝聞で想像する時間の流れの比喩なんでしょう。でもこの比喩使うと思考停止してしまうのですね、だいたい比喩って言うのはそういうものですが。
たとえば私は70年の歳月を生きてきたのですが、その70年間を記憶という作業はどのように出来事を濾過してきたのでしょう。出来事は言語化されないと記憶にはとどまらないと思いますが、出来事を言語化する内発力ってなんだろうかと思ってしまう。ある出来事があってそれを意識が言語化するのは、その出来事の様々な衝撃、圧迫性があればこそでしょう。自発的に意識化していると言うより、意識化しなければいけないという私の外部の構造、そういう枠組みが私に意識化を強いているのかも知れない。つまりは、私の「主体的な」選択などはどこにもなくて、走馬燈は、まさしく作られた影絵かも知れない。

 
 

兄死す

 投稿者:nobuchan  投稿日:2012年10月20日(土)14時43分39秒
返信・引用
  10月23日に73歳で兄死す。全身を癌に侵されてみるみるやせ衰えた死だった。  

せみ

 投稿者:nobuchan  投稿日:2012年 9月20日(木)23時56分8秒
返信・引用
  ことしも2,3日前まで蝉が鳴いていた。私の子どもの頃は、夏休みが終わる頃には蝉はなきやんでいたような気がするけど、記憶は不確かなものでしょう。
直ぐ上の兄が全身癌に冒されて死の床にあり、姉も今日、リンパ腺癌の手術をした。6人いた兄弟のうち、私が最後に生きていることになるが、どうとも形容のしようがない。
 

古希同窓会

 投稿者:nobuchan  投稿日:2012年 6月24日(日)14時48分0秒
返信・引用
  中学時代の古希同窓会が行われ、全体写真が送られてきた。この5,6年、皆さんと会っていないので、だいぶん歳をとった姿にすこし驚いた。(一番歳をとっているのは私ですが)。同窓会にはもう参加する気持ちはないので、もう、皆さんとは心の中で別れを告げていますが、中学時代からほんとうに早い時の流れだったように思えます。
新しい人生など信じてはいませんし、浄土などもありはしないでしょうから、すべて煙となってこの世から去っていく、それもまた潔くていい、そう思うようになりました。
あの人ともつかの間のお付き合いでしたが、さようなら。
 

死ぬと言うこと

 投稿者:nobuchan  投稿日:2012年 4月24日(火)14時45分12秒
返信・引用
  死ぬという考えは脳が考えていることでしょう。つまり、脳は自分が養ってもらっているその身体を信用していなくて、身体は有限であるということを承知しているので、身体への不信が「死」という観念を造りだしている、そういう考えもある。考えもあるけど、それを承知したからといって脳=自意識の不安が安らぐわけでもない。
いったい死とはなんでしょう、というか、死についての疑問を提出する方法自体が実はとても難しくて、その疑問の仕方を言語化できれば、あるいは死への恐れも和らぐのではないか、そんなことを考える。
 

お試し

 投稿者:nobuchan  投稿日:2012年 3月27日(火)13時59分46秒
返信・引用
  テスト記入です。  

掲示板が完成しましたキラキラ

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2012年 3月27日(火)13時57分46秒
返信・引用
  ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤお絵描き機能付きえんぴつ
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。
 

レンタル掲示板
/1