teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


新幹事について

 投稿者:玉木  投稿日:2017年 9月 4日(月)18時21分26秒
  こんにちは。平成29年度志木高弓術部主将となりました玉木譲と申します。遅れながら新幹事についての報告と挨拶をさせていただきます。

主将        玉木譲
副将        佐藤暁
主務        後藤龍星
部内幹事 田中雄太郎

以上の四人を中心に運営して行くこととなりました。

  我々志木高弓術部は規律等に対しての意識がまだまだ足りません。故に、的中云々の前に組織の質を上げることから始めます。もちろん、それは終着点ではなく、主発点です。
まずは他の人から応援したいと思われる部にするところから精進して参ります。これからよろしくお願い致します。
 
 

WEBサイトに関して

 投稿者:豊田  投稿日:2017年 7月 8日(土)00時35分20秒
  WEB担当の豊田です。

阿部さん、
今月の予定表のUPが遅れてしまい、本当に申し訳ありません。
夏季休業中の予定はわかり次第、更新する予定です。

吉村コーチ、
確かに記載にミスがありましたため、訂正しました。
何度もご指摘いただきありがとうございます。

 

今月

 投稿者:阿部(医5)  投稿日:2017年 7月 6日(木)07時38分26秒
  今月の予定を載せてください。今日は練習やってますか?
 

(無題)

 投稿者:吉村龍雄  投稿日:2017年 6月28日(水)16時33分31秒
  WEB担当 豊田くん
訂正、ありがとうございました。
一度に言えなくて申し訳ないのですが、もうひとつ指摘させてください。
早大学院定期戦が昨年も今年も第63回になっています。再度確認をお願いします。
コーチ 吉村龍雄
 

websiteの内容について

 投稿者:豊田  投稿日:2017年 6月14日(水)18時21分39秒
  吉村コーチ、
現在WEBの更新を行なっている一年の豊田と申します。
確認致しましたところ、確かに記載にミスがありましたので訂正いたしました。
ご指摘ありがとうございました。
 

websiteの内容について

 投稿者:吉村龍雄(コーチ)  投稿日:2017年 6月13日(火)09時43分13秒
  WEB担当者さま、いつも更新、ありがとう。役に立っています。
以下、確認をお願いできませんか。
1.六校戦の塾高の的中、これで合っていますか?
2.女子高戦の選手の学年が違っているように思います。
3.インハイ予選の個人、塚田選手の結果は2次進出ならず?3次進出ならず?

確認してみてもらえませんか。宜しくお願いします。
 

インターハイ予選に向けて

 投稿者:人見(OB)  投稿日:2017年 5月29日(月)17時26分8秒
  こんにちは。
突然の投稿失礼します。13年度に主将を務めておりました人見と申します。現在は医学部弓道部の主将を務めさせて頂いております。
三年生が公式戦で引くのは、インターハイ本戦に出場できたとしても残り数回のみと、かなり引退を意識する時期かと思います。その中で、先日の早稲田高等学院戦では敗れてしまったものの、一の立は一人も羽分けを切らなかったということは、喜ぶべきことです。あと一歩的中が伸びれば充分に大会で勝ち上がれる可能性があります。
さて、今回投稿をさせて頂いたのは、迫るインターハイ県予選までの数週間で実行できることを数点アドバイスさせて頂くためです。
あくまで、僕の経験則から来るものですので、なんとなく心に留めておいて、壁に当たったら少し思い出してくれる程度で構いません。

1, 的全体ではなく、点と点を対応させるように星を狙う訓練をする。
→的中上昇の効果は勿論ですが、試合本番でもこれを実行すると、会で的のみに集中して落ち着くことができます。また、力の線を星に向かって細く正確に作り易くなると思うので、是非試してみて下さい。

2, 練習を試合だと思って行う
→試合を練習通りに、というのはなかなか難しいというのは、皆さんわかって来た頃かと思います。では、練習通りの事を試合でするためにはどうすれば良いのか。それは、練習でも緊張をして引く事です。これによって、練習中にも、緊張した場面ではどこに意識を置けば良いのかを考えることができます。

3, 抜いてしまった矢があった時は
・立ち位置が間違っていないか
・矢の線がずれていないか
・胴が回ってor傾いていないか
の3点をまず考えて下さい。
→これは部員同士で見合うと良いと思います。手の内、肩線等は当然重要なファクターですが、土台が間違っていては、いくらそこを改善しても的中は伸びません。

4, 「力を抜く」というポイントに注意
→手先の力を抜くことは当然とても大切な事です。しかし、手先が力んでいるのは何故か、というところに立ち返った時、それは「必要な部分に力が入っていないから」という答えが得られると思います。勝手先が握ってしまっているから力を抜くようにしたら今度は緩み出した。というのは良くある事です。そのような時は、肘や下筋が本当に張れているのかも確認してみて下さい。調子が悪くなったときもすぐに戻って来れると思います。

以上4点はおそらくすぐに実行できて、かつ的中に対して即効性の効果をもたらしてくれると思います。
OBとして陰ながら応援させて頂くので、主将の高田くん中心に残りの弓道部生活を楽しみ、インターハイ予選突破を目指して下さい。

p.s. どこかで練習に参加させて頂くかもしれないのでその時は宜しくお願いします。
 

明日の部内戦について

 投稿者:髙田(2)  投稿日:2016年10月 9日(日)23時13分7秒
  予定表では明日は部内戦となっておりましたが、一年生のかたがけ指導の都合上定練とさせていただきます。
開始時刻は10:00です。

また、新人戦についての連絡を掲示板に載せていませんでした。申し訳ありません。
結果はこのホームページにもありますが酷い結果です。
塾高戦に続き成果が出せるにも関わらず、失敗しているので次の西部地区では挽回したいです。
応援のほどよろしくお願いいたします。
 

明日の試合について

 投稿者:髙田(2)  投稿日:2016年 9月25日(日)03時21分2秒
  平成28年9月25日(日)に対本塾高等学校定期戦が行われます。
場所は桑蓬弓道場(日吉)です。9:30 附け矢開始、12:00 試合開始となっております。

代替わりして、初めての対抗戦となります。
この戦いに向けて、我々は日々成長してきました。
先日、台風の影響で中止となってしまった全早慶の立ち練では6人立ちで合計的中41中とあまりにも情けない的中だったのが、今では分けを超えそうなところまで実力を上げてきています。
それも部長や監督やコーチ、引退してからもなお部に顔を出してくれる3年生の先輩方、その他弓術部を支えてくださっているOB、保護者の皆様など、数えたらきりがないほどの数の人達のおかげだと思います。
そんな中、我々が目指した目標は「自分のやるべきことをしっかりやる」です。
この目標は部員に何度も言って聞かせたことです。
的中の向上を狙う立ち位置にいないのなら、的中以外では絶対に負けないようにする。それは体配であったり着付けであったり射形であったり声の大きさであったり...人によってそれぞれ目標は違うと思います。
それでも私達の目指している場所は同じです。
明日は志木校代表という自覚を持って、気持ちにそして自分に負けないよう頑張ります。
応援よろしくお願いいたします。
 

部内戦について

 投稿者:髙田(2)  投稿日:2016年 9月 1日(木)00時33分22秒
  9月3日に部内戦を行う予定です。
本来部内戦は合宿中のみに行う行事でしたが、私たちの代からこの部内戦を1ヶ月に1回行うことにしました。

この改革には2つの目的があります。

1つ目は立ちの経験を積ませることです。
今の1年生はもちろん、2年生もあまり試合の場数が多くありません。
そこで部内戦を行うことによって、多少なりとも試合の緊張感の中で自分の射を表現する力を身につけてもらいたいからです。

次に重要な2つ目なのですが、部の中で競い合うことで「他の人に負けない」「他の団体に勝つ」という対抗心を養うというのが今回の件の最大の目的です。
志木校という狭いカテゴリーの中では、いくら練習していくら矢数をかけても、対抗戦や公式戦で他校と競い合わなければどうしても「勝ちたい」とか「負けたくない」という野心が削ぐれてしまいます。
そこで班同士で対抗戦を組むことによって、やはり試合という形式上、先ほど述べたような対抗心が自然と備わってきます。
また1つの班に最大5人という非常に小さな規模で活動しているため、班員の中で団結力が育っていきます。
そしてその団結力はおそらく部全体でまとまるときにも用いられることでしょう。

以上の2つの理由から企画をした「定期部内戦」ですが、もし質問・意見等ございましたらこちらの掲示板に投稿お願いします。

 

レンタル掲示板
/25