投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 検定の合格基準について

 投稿者:ST  投稿日:2017年11月24日(金)19時09分40秒
返信・引用
  事務局さま

お返事いただきまして、ありがとうございます。

各分野と合計の合格基準点が、それぞれ別の算出方法で出されているということなんですね。
各分野の合格基準点を足しても、合計と合わないのが謎でしたが、それが理由ということが分かりました。

いずれにしても、

各分野が基準点に達しているのに、合計点がアウトで不合格。
合計点が基準点に達しているのに、特定の分野がアウトで不合格。

という試験を他に聞いたことがないため、何だか腑に落ちませんが、採点基準がそのように決まっているのでしたら、両方で合格点に達するまで頑張るしかないということですね。
できれば、各分野でクリアしているのなら、合格にしていただきたいところですが・・・。
 

Re: 検定の合格基準について

 投稿者:事務局  投稿日:2017年11月24日(金)10時59分4秒
返信・引用
  > No.532[元記事へ]

STさんへのお返事です。

> 受験者個人の成績に関する問い合わせは受付されていないと思いますが、各科目は合格で、合計で不合格、という採点の根拠を、今後の参考のためにも教えていただけないでしょうか。

今回は残念な結果となってしまったとのことをお聞きして、合否を決めているスタッフの一員としても胸が痛みます。

合否判定の詳細ルールは公開できる情報ではありませんが、以下に合否の決定プロセスの概要をお伝えいたします。

合計および各分野の合格点は、数年間の統計データをもとに決定された算出ルールにもとづいて、極めて客観的に決定されており、この10回あまりの検定に適用されています。なお、各分野の合格基準点については、過去数年の統計データをもとに、できるだけ低くなるよう算出方法が決められています。これは、ある分野の点数だけが基準に達していなかったため不合格となってしまう方々をできるだけ減らそう、という配慮から来ています。

合否判定の際は、まず合計点について、合格点を上記のルールにもとづいて決定します。そののち、各分野の基準点を上記のルールにもとづいて適用しています。そのため、各分野は合格で、合計で不合格だった、という方々が出るのは避けられません。

STさんの場合、各分野は合格で、合計で不合格だったとのことですが、その逆に、合計点は合格点に達していたのに、特定の分野が基準点に達していなかったため不合格になった、という方々も相当数おられます。その方々も、とても悔しい思いをしていると思います。

1点・2点の差で不合格となり悔しい思いをする方が出てしまうのは、合否を決定する試験である以上やむを得ないことであるとは言え、運営者としては胸が痛みます。

ご納得いただけたでしょうか? どうか、これにめげず、次回を目指してご精進下さいますよう、お願いいたします。

http://iken.gr.jp

 

検定の合格基準について

 投稿者:ST  投稿日:2017年11月23日(木)14時56分14秒
返信・引用
  この秋の検定が不合格で、次回また頑張らなければ!と思っているのですが、合格基準に関して可能であれば教えていただきたいことがあります。

リスニングと文法は基準以上、作文は基準と同点で、各科目の合格基準はクリアしているのに、合計点が2点足りないということで不合格です。
この採点方法をどう解釈していいのか分からず、せっかく3科目合格基準に達しているのに、ちょっと納得できずにいます。
私だけでなく、合計がわずか1点足りないがために落ちてしまったような方もいらっしゃると思うんです。

受験者個人の成績に関する問い合わせは受付されていないと思いますが、各科目は合格で、合計で不合格、という採点の根拠を、今後の参考のためにも教えていただけないでしょうか。
 

LA CUCINA SARDA  サルデーニャ料理とワイン講座のご案内

 投稿者:吉祥寺 LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2017年11月22日(水)20時56分48秒
返信・引用
  吉祥寺のLCIイタリア語カルチャースタジオにて
サルデーニャ島の伝統料理とワイン講座を開催致します。

★12月3日イタリア郷土料理とワイン講座
 LA CUCINA SARDA サルデーニャ伝統料理 参加者募集中

サルデーニャ島出身のGianlucaさんも参加!
オーガニックのペコリーノ(羊のチーズ)や、カラスミ(ボッタルガ)の使い方もご紹介します!

MENU:
・伝統手打ちパスタ ~タッルツァス~羊肉のソース  Tallutzas ricamdas con sugo di Agnello
・カラスミで頂く郷土パスタ『フレグラ』  Fregula alla bottarga
・『サパ』のタルト  Torta di Sapa
セレクトワインはカルロフォルテのボヴァーレ!

【開催日】12月3日(日)12:00~15:00
【会場】LCIイタリアxカルチャースタジオ
    今回からイタリア語教室の場所で開催します!
【参加費】 1回 6,000円( 入会金なし、材料費全て込み。)
     LCIイタリア語コースの生徒割引:5500円
【詳細はこちら】http://lci-italia.com/cucina.html

 お申込みなどは下記のページから
 またはこちらへ  info@lci-italia.com

http://lci-italia.com/cucina.html

 

Festa di Natale イタリアのクリスマス会のご案内

 投稿者:吉祥寺 LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2017年11月22日(水)20時36分35秒
返信・引用
  吉祥寺のLCIイタリア語カルチャースタジオにて
FESTA DI NATALE 2017 !! フェスタ ディ ナターレを開催いたします。

イタリア語学習者の方や、イタリア人が集まります。
イタリアがお好きな方、どなた様もご参加を歓迎いたします。

【日程】 12月17日(日)12:00~15:00
【参加費】 3,000円(LCIイタリア語生徒), 3,500円(一般どなたでも!)


皆さんで一緒にFESTA DI NATALE で楽しく、美味しく1年を締め括りましょう!

・リスマスミニコンサート~ヴィオラ奏者 畠中 元子さん~、
また、音楽に、お料理に、ダンスに、ゲーム、クリスマスプレゼントなど今年も盛り沢山です。
お楽しみに!

詳細は下記ホームページをご覧くださいませ。

http://lci-italia.com/seminar.html

 

Re: 合否通知

 投稿者:事務局  投稿日:2017年11月22日(水)10時54分31秒
返信・引用
  > No.528[元記事へ]

ノノさんへのお返事です。

結果通知は11/20に皆様に発送いたしましたので、一両日中にはお手元に届くかと存じます。
もし届かない場合は、受験サポートセンター(TEL 03-5209-0553)までご一報ください。

> すみません。合否通知の封書はいつ頃発送されますでしょうか。
> もう既に発送されてましたら、すみません。
> 宜しくお願いします。

http://iken.gr.jp

 

合否通知

 投稿者:ノノ  投稿日:2017年11月21日(火)19時44分28秒
返信・引用
  すみません。合否通知の封書はいつ頃発送されますでしょうか。
もう既に発送されてましたら、すみません。
宜しくお願いします。
 

お知らせ

 投稿者:事務局  投稿日:2017年11月 3日(金)12時34分16秒
返信・引用
  昨日、今回の検定試験の合格者受験番号をホームページに発表しました。
合格した皆さん、おめでとうございます!!
惜しくも合格に至らなかった方々も、これにめげず、次回に向けて頑張ってください。

今年も恒例のイタリア文化会館主催、イタリア留学フェアが11月11日(土)と12日(日)に開催されますが、当検定協会もブースに出展しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

また、この両日とも以下の要領で4級と5級の無料模擬試験を開催しまます。これまで受験をためらっていた皆さんのご参加を心よりお待ちしております!!

・模擬試験実施レベル:5級・4級
・模擬試験実施日時:
11月11日(土)13:30~15:30
11月12日(日)11:00~13:00

・お申込み方法:
https://iictokyobooking.net/rsv/をクリックしていただき、お申込み専用サイトより、ご希望の試験日程を選択してお申込みください。

・会場:イタリア文化会館 視聴覚室 B1F
・お問い合わせ:
Tel: 03-3262-4500
e-mail:corsi.iictokyo@esteri.it
HP: http://www.studyinitaly.jp/fair/

http://iken.gr.jp

 

セミナー「ローマの伝統料理」参加者募集中

 投稿者:日伊学院メール  投稿日:2017年10月30日(月)11時45分44秒
返信・引用
  イタリアの首都・ローマの伝統的な料理を映像等を交えながらご紹介します。

1)イタリア料理の特徴やパスタとポモドーロなど歴史。
2)ローマ料理の歴史と3種類の伝統的な料理。
3)前菜やメインディッシュなどのカテゴリーに分けて、様々なローマ料理の起源、歴史や作り方など。



講演者:Giorgio Piva(Dilit語学学校)

セミナー後半には、イタリア留学に関するあらゆる質問に丁寧にお答えします!

イタリア文化やイタリア留学に関心のある方はこの機会を是非ご利用下さい。

■11月10日 (金) 19:15-20:45
会場:日伊学院
参加費無料。
定員20名先着順です。


★セミナーの内容の詳細・お申し込みはこちらから
 

セミナー「ウンブリアの黄金オリーブオイル&テイスティング」参加者募集中

 投稿者:日伊学院メール  投稿日:2017年10月30日(月)11時36分52秒
返信・引用 編集済
  イタリア特産のオリーブオイルにはさまざまな種類がありますが、このセミナーでは、ウンブリア州のオリーブオイル&テイスティングをお楽しみいただけます。

講演者:宮沢明子(La Lingua la Vita 語学学校)




セミナー後半には、イタリア留学に関するあらゆる質問にもお答えします!


イタリア文化やイタリア留学に関心のある方はこの機会を是非ご利用下さい。

■11月9日 (木) 19:00-21:00
会場:日伊学院
参加費無料。
定員20名先着順です。

★セミナーの内容の詳細・お申し込みはこちらから

 

セミナー「ローマのさまざまな地域を探検」参加者募集中

 投稿者:日伊学院メール  投稿日:2017年10月30日(月)11時27分56秒
返信・引用 編集済
  ローマはまさにリアルで、エキサイティング、そして未来に投影される、一種の野外博物館です。町の至る所に、長い歴史を感じさせる無数の宝物がありますが、過去の栄光に留まることはなく、時の流れとともに、進化や変化を遂げてきました。そして今もなお、時代に同調し、変化しつづけています。
ローマを訪れる主な目的は、とりわけ古代ローマから現代に引き継がれている遺跡かもしれませんが、首都ローマが提供できるものはまだまだ他にもたくさんあります。それぞれの時代の特色は、建物の外観や通り、路地に見ることができます。
このセミナーでは、他では見られない特徴を示す、ローマの旧市街のさまざまな地域の側面をご紹介します。

講演者:澤田恵子(Torre di Babele語学学校)



セミナー後半には、イタリア留学に関するあらゆる質問にもお答えします!
イタリア文化やイタリア留学に関心のある方はこの機会を是非ご利用下さい。

■11月8日 (水) 19:00-21:00
会場:日伊学院
参加費無料。
定員20名先着順です。

★セミナーの内容の詳細・お申し込みはこちらから
 

セミナー「イタリアファッションの起源や現在」参加者募集中

 投稿者:日伊学院メール  投稿日:2017年10月30日(月)11時20分38秒
返信・引用
  ミラノといえばファッション!
イタリアファッションの起源や現在をご紹介します。
どなたでもご参加いただけるセミナーです。

講演者:Geraldine Villiger(Scuola Leonardo da Vinci 語学学校)
    通訳 Kyoko Matsuyama



セミナー後半には、イタリア留学に関するあらゆる質問にもお答えします!

イタリア文化やイタリア留学に関心のある方はこの機会を是非ご利用下さい。

■11月7日 (火) 19:00-21:00
会場:日伊学院
参加費無料。
定員20名先着順です。


★セミナーの内容の詳細・お申し込みはこちらから

 

試飲・試食セミナー

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月27日(金)16時54分46秒
返信・引用
  エキストラバージン・オリーブオイル、バルサミコ酢、ワイン、チーズ、サルーミ(ハム、サラミ)、クラフトビールなど、イタリアが誇る最高の食材を紹介すべく、試飲・試食セミナーを開催します。
セミナーは、オリーブオイルのソムリエであると同時にポッレンツォ食科学大学(通称スローフード大学)で講師を務めるクリスティアーノ・デ・リッカルディス氏が担当します。また、ワインセミナーはイタリアソムリエ協会(AIS)の講師が担当します。


参加費:1,000円/1回(要予約)定員30名


■クリスティアーノ・デ・リッカルディス先生によるテイスティング・セミナー

オリーブオイルのソムリエかつ公式鑑定士でもあるクリスティアーノ・デ・リッカルディス先生による、美食がテーマのガストロノミー・セミナーです。今回のセミナーでは、イタリア料理の基本となる5つの食材(エキストラバージン・オリーブオイル、チーズ、バルサミコ酢、クラフトビール、ハムとサラミ)を取り上げ、それぞれが本来持つ香りや味、色などについて、消費者が正しい知識を持って評価、購入し、さらにはそれらを日常の食卓で活かすにはどうしたらよいか、初めての方にもわかりやすくポイントを押さえながら解説します。

各回90分で行われるセミナーは、楽しく学べる講義とテイスティングの二部構成になっています。前半は各食材について、日常生活で使用するためのアドバイスを交えつつプロの視点から分析・解説し、後半で試食をすることで、より実践的な知識の習得を目指します。
セミナーは伊日逐次通訳付です。

詳細、お申込み:www.iictokyo.com/cucina/tasting.html



■ワインと料理の相性 - 世界が注目する「イタリアソムリエ協会メソッド」をご紹介します

イタリア料理はワインありき、ワインは料理ありきと言われています。それでは、その料理とワインを合わせたい時どのように合わせるのでしょうか。その法則とは?

日頃「感覚」で合わせている料理とワインを理論で理解する事により、さらに食べ合わせの幅が広がり、世界中の料理にワインを合わせることができるようになり、楽しさが広がります。そんなメソッドの紐解きと、イタリア流のワインの楽しみ方を交えながらワインを文化として捉えているイタリアの食の楽しさをお伝えします。
セミナーは日本語で行われます。

詳細、お申込み:www.iictokyo.com/cucina/tasting.html

*世界イタリア料理週間(2017.11.17-26)公式イベント

www.iictokyo.com/cucina/tasting.html

 

外務省後援に

 投稿者:事務局  投稿日:2017年10月26日(木)13時41分14秒
返信・引用
  このたび、2018年春季、第46回実用イタリア語検定が外務省の後援事業として認定されました。
これが、受験者の皆様の学習意欲向上に少しでも寄与できれば幸いです。

検定協会は、これからも皆さんに親しまれ、信頼される検定を目指して努力いたしますので、どうかよろしくお願いいたします!

http://iken.gr.jp

 

シンポジウム「ユネスコ無形文化財としての地中海式食事法と和食」

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月26日(木)12時21分2秒
返信・引用
  イタリア文化会館では、世界イタリア料理週間(11/17(金)~26(日))に合わせ、シンポジウム「ユネスコ無形文化財としての地中海式食事法と和食」を開催します。

2010年に地中海食、2013年に和食がそれぞれユネスコ無形文化遺産に登録されました。これら2つの食事法は異なるものでありながら、様々な点において共通する特徴を有しています。
本シンポジウムでは、学術的なアプローチを通し、イタリアと日本両国において食と栄養の文化が持つ重要性に光をあてます。


日時: 11月22日[水] 17:00(開場:16:30)

会場: イタリア文化会館 地下2階 アニェッリホール

URL:http://www.iictokyo.com/cucina/symposium.html



パネリスト

●カルロ・アルベルト・プラテージ(ローマ第三大学教授、バリラ食品栄養学センター顧問)
「ユネスコ無形文化遺産の視点から考える地中海式食事法の栄養と環境に与える影響」

●古谷研(創価大学教授)
「海洋生態系における恵みとしての魚」

●丸山潤一(東京大学准教授)
「麹菌(ニホンコウジカビ)と日本の発酵食品」

●中村丁次(神奈川県立保健福祉大学学長)
「健康食としての地中海食と和食の類似点および相違点」

モデレーター:木村純子(法政大学教授)


入場無料、下記サイトより要予約:https://iictokyobooking.net/rsv/387/

http://www.iictokyo.com/cucina/symposium.html

 

講演会「畑からテーブルまで:イタリア野菜のサプライチェーン」

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月26日(木)11時56分26秒
返信・引用
  日本に8,000店舗あるといわれるイタリアン・レストラン。1980年代に起こった「イタ飯」ブーム以降、30年に渡りイタリア料理は一貫して根強い人気を博しています。イタリア料理を発展させてきたのはシェフたちですが、彼らを支えているのが、食材を提供する人々です。

イタリア料理週間(11/17(金)~11/26(日))の一環として、イタリア文化会館では、法政大学経営学部教授 木村純子氏による講演会「畑からテーブルまで:イタリア野菜のサプライチェーン」 を開催します。

テーブルの上の料理はどこから来たのでしょうか。本講演は経営学の視点で日本におけるイタリア料理の発展を議論することを試みます。

日時 11月18日[土] 15:30(開場:15:00)

会場 イタリア文化会館 地下2階 アニェッリホール

セミナーへの参加は無料ですが、予約が必要です。専用サイトから、早めのご予約をお勧めします。

http://www.iictokyo.com/cucina/lecture.html

*世界イタリア料理週間(2017.11.17-26)公式イベント

http://http://www.iictokyo.com/cucina/lecture.html

 

イタリア食文化に関する書籍の紹介

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月25日(水)14時25分39秒
返信・引用
  1年を通じて、日本では食や料理に関する書籍が数多く発行されます。その中でも、イタリア料理に関する書籍は、レシピやマニュアルから、食文化を考察するものまで種類も豊富です。

11月19日~25日、イタリア文化会館では、最近1年間に出版されたイタリア料理関連の書籍から、8冊をピックアップして、プレゼンテーション・セミナーを行います。著者や翻訳者、シェフから直接お話を聴くことのできるまたとない機会となります。
それぞれの日時については、専用サイトをご覧下さい。

http://www.iictokyo.com/cucina/books.html

会場には紀伊國屋書店による販売コーナーも設置されますので、該当図書を直接購入いただくことも可能です。

セミナーへの参加は無料ですが、予約が必要です。専用サイトから、早めのご予約をお勧めします。


http://www.iictokyo.com/cucina/books.html

*世界イタリア料理週間(2017.11.17-26)公式イベント


http://www.iictokyo.com/cucina/books.html

 

イラスト展「即興的昼食」

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月25日(水)14時07分9秒
返信・引用 編集済
  イタリア、日本、アメリカ、フィンランドなど、さまざまな国で活躍する22人の若手イラストレーターによる合同展が開催されます。

1932年にイタリアで発行された『未来派の料理』(マリネッティ、フィッリーア共著)という本から抜粋された未来派的レシピが、彼らのそれぞれ自由な解釈でイラストになりました。
1世紀近くたってもなおまだ魅力的な著書と、現代のイラストレーターたちの表現力との絶妙なコンビネーションをお楽しみください。

URL: http://www.iictokyo.com/cucina/design.html

期間 11月17日[金]~26日[日] 11:00~19:00
会場 イタリア文化会館 1F エキシビジョンホール 入場無料

*世界イタリア料理週間(2017.11.17-26)公式イベント

http://www.iictokyo.com/cucina/design.html

 

日本語とイタリア語で交流しよう!

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月23日(月)10時58分21秒
返信・引用
  日本語を学んでいるイタリア人留学生と交流してみませんか?
日本のポップカルチャーはイタリアでも人気を集めています。
これをきっかけに日本や日本語をもっと知りたくて日本に留学するイタリア人の若者が増えています。
そこで、イタリア文化会館はこうしたイタリア人留学生と日本の若者との相互理解と交流を深めるために
交流会「日本語とイタリア語で交流しよう!」を開催します。
交流会ではドリンクと軽食をご用意しています。
イタリア人留学生と交流したい方はお気軽にご参加ください。

また、11月11日(土)に中高生・大学生のための『イタリア人留学生との交流会』も開催します!

対象は35歳未満の方とさせていただきます。
お申込み方法:ご予約ページhttps://iictokyobooking.net/rsv/336/をクリックしてお申込みください。
参加は無料です。尚、定員は100名ですので、お申込みは先着順で受け付け、定員になり次第締切とさせていただきます。

<お問合せ>
Tel:03-3262-4500 Fax:03-3262-4510
E-mail:corsi.iictokyo@esteri.it
HP:http://studyinitaly.jp/fair/events.html

インフォメーション
開催日: 11月12日(日)
時間: 18:00-19:30
開場:イタリア文化会館 ホワイエ(B2F)
主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
協力::株式会社GoGo Nihon
入場 : 無料

http://studyinitaly.jp/fair/events.html

 

イタリア語学習者の日

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月23日(月)10時53分30秒
返信・引用 編集済
  イタリア語が好きな高校生・大学生のために開催される交流会です。
学校でイタリア語を学んでいる方だけではなく、イタリア語とイタリア文化が好きな学生さんたち約150人の参加者が、
イタリア語でカラオケやオペラのアリアを歌ったり、演劇を披露したり、さまざまなパフォーマンスに挑戦します。
高校生・大学生なら、一人でもグループでも参加することができます。
イベント終了後の懇親会では、参加者全員でイタリア料理のビュッフェを楽しみながら交流ができます。

参加は無料です。
10月30日(月)までに専用ページhttp://studyinitaly.jp/fair/gakushu.htmlを通してお申込みください。
なお、参加定員に達し次第、締め切らせていただきます。

インフォメーション

特設ページ
http://studyinitaly.jp/fair/gakushu.html

日程: 2017年11月12日(日)
時間: 14時30分~17時30分
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール  - B2F
主催: イタリア文化会館
協力: 各大学

http://studyinitaly.jp/fair/gakushu.html

 

イタリア人留学生との交流会

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月21日(土)17時35分49秒
返信・引用 編集済
  中高生・大学生のための
『イタリア人留学生との交流会』

「イタリアについてもっと知りたい!」、「イタリア人留学生と交流したい!」と
いう方に、日本の大学で学んでいるイタリア人留学生と交流してみませんか?

日本の大学では数多くのイタリア人留学生が学んでいます。イタリア文化会館は世界イタリア語週間のイベントとして、イタリア人留学生との交流の場「中高生・大学生のためのイタリア人留学生との交流会」を開催します。


今回の交流会には、日本研究で有名なヴェネツィア・カ・フォスカリ大学やナポリ東洋大学をはじめとするイタリアの大学からの留学生たちが多数参加します。イタリア人留学生たちからイタリアの歴史や文化、大学の特徴や学生生活について聞き、皆さんから日本語や日本文化について話してみましょう。

交流会ではドリンクと軽食をご用意しています。

イタリア人留学生と交流したい中学・高校生、大学生の皆さん、お気軽にご参加ください!


また、11月12日(日)に語学留学で来日しているイタリア人留学生との交流会「日本語とイタリア語で交流しよう」も開催されます!


<参加方法>
お申し込み方法:下記よりオンラインにてお申込みください。尚、対象は中学・高校生、大学生の方とさせていただきます。
https://iictokyobooking.net/rsv/335/

<お問合せ>
Tel:03-3262-4500 Fax:03-3262-4510
E-mail:corsi.iictokyo@esteri.it
HP:www.studyinitaly.jp/fair/


インフォメーション
開催日: 11月11日(土)
時間: 17:30-19:00
開場:イタリア文化会館 アニェッリホール
主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
入場 : 無料
 

ゼロから分かるイタリア留学コーナー

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月21日(土)17時27分40秒
返信・引用
  総合案内や留学サポート情報を提供します。

イタリアの基本情報やはじめてのイタリア留学など、さまざまな留学情報のご案
内から、各種教育機関への留学の相談ができます。

★イタリア観光・生活情報
★はじめてのイタリア留学
★イタリア・プチ留学
★語学学校、専門学校、インターンシップなどの留学相談
★高等教育(大学・音楽院・美術学院)
 留学手続き・イタリア政府奨学金の
 留学相談
★語学学校奨学金

*留学フェアの詳細は下記の当館ホームページをご覧ください。
http://www.studyinitaly.jp/fair/

<インフォメーション>
・日程:2017年11月11日(土)、12日(日)
・時間:10時30分~19時
・場所:イタリア文化会館 エキシビジョンホール(1F)
・主催:イタリア文化会館

http://www.studyinitaly.jp/fair/

 

イタリア語検定試験 無料模擬試験のお知らせ

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月20日(金)17時29分20秒
返信・引用
  第17回世界イタリア語週間の一環として、日本で受けられる4つのイタリア語検定試験「CELI」、「CILS」、「PLIDA」、「実用イタリア語検定」の無料模擬試験を実施します。より多くの方にこれらの能力試験を知っていただくために、入門と初級レベルの模擬試験を行います。
各試験の概要と実施要領は以下の通りです。

◆(イタリア語能力試験)CELI
・模擬試験実施レベル:A1・A2
・模擬試験実施日時:
11月12日(日)15:30~18:00

◆(イタリア語能力試験)CILS
・模擬試験実施レベル:A1・A2
・模擬試験実施日時:
11月11日(土)15:30~18:00

◆(イタリア語能力試験)PLIDA
・模擬試験実施レベル:A1・A2
・模擬試験実施日時:
11月11日(土)11:00~13:00
11月12日(日)13:30~15:30

◆実用イタリア語検定
・模擬試験実施レベル:5級・4級
・模擬試験実施日時:
11月11日(土)13:30~15:30
11月12日(日)11:00~13:00

・お申込み方法:
https://iictokyobooking.net/rsv/をクリックしていただき、お申込み専用サイトより、ご希望の試験の種類および試験日程を選択してお申込みください。


・会場:イタリア文化会館 視聴覚室 B1F
・主催:イタリア文化会館、ダンテ・アリギエーリ協会 東京支部、NPO国際市民交流のためのイタリア語検定協会
・お問い合わせ:
Tel: 03-3262-4500 Fax: 03-3262-4510
e-mail:corsi.iictokyo@esteri.it
HP: http://www.studyinitaly.jp/fair/

http://www.iictokyo.com/eventi/log/eid454.html

 

第11回イタリア留学フェア2017のお知らせ

 投稿者:イタリア文化会館図書室メール  投稿日:2017年10月20日(金)17時18分12秒
返信・引用 編集済
  イタリア文化会館では第17回「世界イタリア語週間」の一環として、11月11日(土)・12日(日)に「第11回イタリア留学フェア2017」を開催します。

イタリア各地から来日した語学学校、専門学校(美術・ファッション、料理など)、大学(シエナ外国人大学など)が個別ブースを出展して、一堂に会する年に一度しかない貴重な留学のイベントです。
皆様のご参加をお待ちしています!

■日時
2017年11月11日(土)10:30-19:00
2017年11月12日(日)10:30-19:00

■場所
イタリア文化会館 エキジビションホール

■主催
イタリア文化会館

■共催
イタリア大使館/公益財団法人日伊協会

■後援
文部科学省/独立行政法人日本学生支援機構/千代田区/イタリア大使館観光促進部

▼参加校リストおよび留学フェアの詳細は公式ホームページをご参照ください。
http://www.studyinitaly.jp/fair/

■お問い合わせ
イタリア文化会館 語学コース受付 tel:03-3262-4500

http://www.studyinitaly.jp/fair/

 

(無題)

 投稿者:日伊学院  投稿日:2017年10月 4日(水)10時18分54秒
返信・引用
  10月1日に実施された、第45回実用イタリア語検定の作文問題の解答例を公開しています!
日伊学院のイタリア人講師による解答例です。
下記URLよりご覧いただけますので是非ご活用ください。
http://nichii-gakuin.com/cms/news/archives/5088

(注)この解答例は日伊学院作成で、イタリア語検定協会の発表ではありません。
http://nichii-gakuin.com/
 

お疲れさまでした

 投稿者:事務局  投稿日:2017年10月 2日(月)12時43分17秒
返信・引用 編集済
  昨日の秋季検定を受験された皆さん、お疲れさまでした!
十分に実力は発揮できましたか?
全会場とも、大きなトラブルも無く実施できて、事務局としてはほっとしております。

東京会場の一部の教室で、CDがうまく再生できない、というトラブルに見舞われました。本番の1時間ほど前には、全教室の再生機能を確認していたのですが、本番直前には再生しなくなっていた、という実に不思議なトラブルでした。結果的には再生が復活したので、本番には影響が無かったのですが・・・。今後の使用に不安を残す結果となりました。
音声出力回路に接続されている様々な装置をコンピューター制御で切り替えて再生するようになっている、最新式のシステムなのですが、どうもコンピューターのプログラムに不具合があるようで、一定時間が経過すると接続が解除され、再起動しないと再生が復活しないようです。
施設を管理している青山学院大学の担当部署に改善を申し入れます。
該当した教室の皆さん、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

http://iken.gr.jp

 

イタリア語学セミナー

 投稿者:日伊学院メール  投稿日:2017年 9月29日(金)12時22分3秒
返信・引用
  イタリア政府機関主催「第11回イタリア留学フェア」にあわせて、日伊学院ではイタリアから4校の語学学校をお招きして『イタリアに関するセミナー + 現地の学校紹介 』を行います。
イタリアやイタリア留学に関心のある方はこの機会を是非ご利用下さい。
参加費無料。各定員20名先着順申込受付中です。

日時:11月7日(火)・8日(水)・9日(木)・10日(金)

★セミナーの内容の詳細・お申し込みはこちらから
 

本番にむけて

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月28日(木)12時55分32秒
返信・引用 編集済
  いよいよ秋季検定がすぐそこに迫ってきました。皆さん、体調はいかがですか?

時間に十分な余裕をもってお出かけください。リスニング・テストが始まったら入室できません。
受験票を忘れないでください。
時計の無い会場もありますので、腕時計をお持ちください。時間管理は自己責任にてお願いします。
筆記用具(鉛筆、シャープペンシルなど。ボールペンは不可)消しゴムを忘れずに。
携帯・スマホは電源を切っていただきます。電源の切り方を確認しておいてくださいね!
独り言、音読などは近くの方の迷惑になりますので、控えるようにしましょう。
同じ教室内でも、場所によって空調の温度には差があります。調節できる服装でお越しください。

皆さんが良い環境で試験を受けられるよう、検定協会も努力しております。どうか当日は十分に実力を発揮され、良い結果となりますよう、お祈りしております!

http://iken.gr.jp

 

文化セミナー 「著者に聞く」シリーズ 『イタリア鉄道の歴史~教養のイタリア近現代史~』のご案内

 投稿者:日伊協会メール  投稿日:2017年 9月22日(金)12時50分26秒
返信・引用
  読んでから聞くか、聞いてから読むか、それが問題だ。この本の著者に直接話を聞いてみたい。そのような思いを皆様もお持ちだと思います。 文化セミナー「著者に聞く」シリーズ 今回は、『教養のイタリア近現代史』(ミネルヴァ書房、2017年)の共編著者 山手 昌樹先生に、イタリア鉄道の歴史と、編者として本づくりに携わった苦労話について語っていただきます。 イタリアで初めて鉄道が開通したのは1839年のことでした。未だイタリア半島が複数の国に分かれていた頃の出来事です。それからおよそ180年が経過した現在、イタリアでは高速鉄道網や新交通システムの整備が進められ、鉄道ブームが再び到来しています。 遅れるのが当然のように思われ、それが「イタリアらしさ」の象徴にもなっている鉄道ですが、この180年間にどのような歴史を辿ってきたのかを見ることは、イタリア人がどのような考えを持ち、どのような生活を歩んできたのかを知ることにもつながります。 イタリア鉄道が歩んだ歴史を振り返りながら、本書のコンセプトでもある「教養を身につけることは偏見をなくすこと」について一緒に考えていきましょう。 お気軽にご参加ください!

https://www.aigtokyo.or.jp/?p=28290

 

AUTUMN FESTA(オータムフェスタ)のご案内

 投稿者:EAインターナショナルランゲージセンターメール  投稿日:2017年 9月21日(木)19時21分45秒
返信・引用 編集済
 

クラシック・ポップス・カンツォーネなど晩秋の色なき風にメロディーをのせて・・・

SPRING FESTA に続き、この秋も素敵な歌い手5名の饗宴をお楽しみ下さい。

クラシックのみならず、ポップスや映画音楽など様々なジャンルを演奏します。

ドリンクタイムもありますので、お友達やご家族をお誘いの上、足をお運び下さい。 

日時:20171111日(土)1400~1600

場所:ガルバホール(西新宿)

料金:¥4,000(ドリンク付)小学生半額・未就学児無料

お問い合わせ、お申込みは以下の連絡先までお願いします。

Tel045-513-8238
Mail
eacenter-info@ea-ilc.com(申込締切:114日(土)まで)

http://www.ea-ilc.com

 

/16