投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


文化セミナー 「著者に聞く」シリーズ 『イタリア鉄道の歴史~教養のイタリア近現代史~』のご案内

 投稿者:日伊協会メール  投稿日:2017年 9月22日(金)12時50分26秒
返信・引用
  読んでから聞くか、聞いてから読むか、それが問題だ。この本の著者に直接話を聞いてみたい。そのような思いを皆様もお持ちだと思います。 文化セミナー「著者に聞く」シリーズ 今回は、『教養のイタリア近現代史』(ミネルヴァ書房、2017年)の共編著者 山手 昌樹先生に、イタリア鉄道の歴史と、編者として本づくりに携わった苦労話について語っていただきます。 イタリアで初めて鉄道が開通したのは1839年のことでした。未だイタリア半島が複数の国に分かれていた頃の出来事です。それからおよそ180年が経過した現在、イタリアでは高速鉄道網や新交通システムの整備が進められ、鉄道ブームが再び到来しています。 遅れるのが当然のように思われ、それが「イタリアらしさ」の象徴にもなっている鉄道ですが、この180年間にどのような歴史を辿ってきたのかを見ることは、イタリア人がどのような考えを持ち、どのような生活を歩んできたのかを知ることにもつながります。 イタリア鉄道が歩んだ歴史を振り返りながら、本書のコンセプトでもある「教養を身につけることは偏見をなくすこと」について一緒に考えていきましょう。 お気軽にご参加ください!

https://www.aigtokyo.or.jp/?p=28290

 

AUTUMN FESTA(オータムフェスタ)のご案内

 投稿者:EAインターナショナルランゲージセンターメール  投稿日:2017年 9月21日(木)19時21分45秒
返信・引用 編集済
 

クラシック・ポップス・カンツォーネなど晩秋の色なき風にメロディーをのせて・・・

SPRING FESTA に続き、この秋も素敵な歌い手5名の饗宴をお楽しみ下さい。

クラシックのみならず、ポップスや映画音楽など様々なジャンルを演奏します。

ドリンクタイムもありますので、お友達やご家族をお誘いの上、足をお運び下さい。 

日時:20171111日(土)1400~1600

場所:ガルバホール(西新宿)

料金:¥4,000(ドリンク付)小学生半額・未就学児無料

お問い合わせ、お申込みは以下の連絡先までお願いします。

Tel045-513-8238
Mail
eacenter-info@ea-ilc.com(申込締切:114日(土)まで)

http://www.ea-ilc.com

 

イタリア語検定試験リスニングのコツ

 投稿者:北村清美メール  投稿日:2017年 9月18日(月)21時08分37秒
返信・引用 編集済
  https://youtu.be/d-6SVDdZclE

https://www.facebook.com/ApolloItaly/

 

国際交流パーティ!参加者募集

 投稿者:渋谷外語学院メール  投稿日:2017年 9月15日(金)11時47分41秒
返信・引用 編集済
  渋谷外語学院では、日本語科の留学生との交流を目的に9月23日(土) 国際交流パーティを開催します。
日本語科のイタリア人留学生も多数参加予定で、日本語とイタリア語の素敵な歌も披露いたします。学んだイタリア語を使ってお話してみませんか?
軽食とお飲み物も用意しております。
お知り合いの日本人・外国人もお誘いあわせの上、是非ご参加ください。

★詳細は渋谷外語学院HPへ
 

「イタリア留学サポート無料相談」参加者募集!

 投稿者:日伊学院メール  投稿日:2017年 9月12日(火)10時07分3秒
返信・引用
  楽しく充実したイタリア留学体験をできるよう、イタリアの事情に詳しいスタッフが皆さまのご質問にお答えします。
学校選び、申し込み手続き、宿泊先やビザ申請などについてお気軽にご相談ください。
予約制となっておりますので事前にお申込みください。
・詳細・ご予約は→日伊学院HP

■日 時:9月23日(土/秋分の日) 15:00~17:00
■参加費:無料
■会 場:日伊学院 東京校 (渋谷駅6分)
 

有難うございます

 投稿者:福太郎メール  投稿日:2017年 9月 7日(木)10時48分5秒
返信・引用
  伊検事務局様
早速教えていただき有難うございました。
すっきりいたしました。
 

Re: 間接補語人称代名詞について

 投稿者:伊検事務局  投稿日:2017年 9月 4日(月)15時24分5秒
返信・引用
  > No.497[元記事へ]

福太郎さんへのお返事です。

伊検事務局です。

Leは補語人称代名詞の
間接補語「あなたに」になります。

他動詞も補語人称代名詞の直接補語だけでなく、
補語人称代名詞の間接補語も取ります。

Il medico gli ha consigliato di starsene in casa un altro giorno.
(医師はもう1日家にいるように彼に勧めた)
この場合は、gli(彼に)が、間接補語、di starseneが目的語にあたります。

consigliareに似たような他動詞で、代表的な他動詞はchiedereです
この動詞を例に見ても同じような例文が作れます。

Ci hanno chiesto di aspettare.
(彼らは私たちに待ってくれと頼んだ)
Ci(私たちに)が間接補語、di aspettareが目的語になります。

(いずれも、小学館伊和中辞典を参照しています)

なお、tempuraは男性形でil tempuraが正しいのですが、
こちらは、-aと終わっているので、女性形として使用する傾向にあるようです。

> Io Le consiglio di provare la tempura.私はあなたにてんぷらを試す事をお勧めします。
> Leは間接補語人称代名詞で正しいですか。自動詞が間接補語人称代名詞をとると習ったように思いますがconsiglioは他動詞です。ここの所が分かりません。考え方を教えてください。
> 間接補語人称代名詞は他動詞でも取るのでしょうか教えてくださいませ。
 

Re: イタリアテレビ番組

 投稿者:伊検事務局  投稿日:2017年 9月 4日(月)14時55分30秒
返信・引用 編集済
  > No.498[元記事へ]

yukobunさんへのお返事です。

伊検事務局です。
登録にチャレンジされてみたら、いかがでしょうか? 無料で登録できます。辞書を引きながら、ぜひチャレンジしてみてください。
ただし最近は、ドラマなどは、視聴できるものもありますが、多くはイタリア国外での視聴は権利上できなくなっています。
登録が面倒なようでしたら、スマートフォンからアプリのrai.playをダウンロードすれば、登録手続きをせずに、視聴できます。ただし、こちらも、権利上の問題で、ドラマはほとんど見れません。


> www.rai.ita というテレビ番組を見ていたのですが 登録が必要とメッセージがでて見ることができなくなりました。 ドラマやアニメで勉強していたのに残念です。
> 理由がわかれば教えてください。
 

イタリアテレビ番組

 投稿者:yukobun  投稿日:2017年 9月 1日(金)21時00分24秒
返信・引用
  www.rai.ita というテレビ番組を見ていたのですが 登録が必要とメッセージがでて見ることができなくなりました。 ドラマやアニメで勉強していたのに残念です。
理由がわかれば教えてください。
 

間接補語人称代名詞について

 投稿者:福太郎メール  投稿日:2017年 8月31日(木)08時06分52秒
返信・引用
  Io Le consiglio di provare la tempura.私はあなたにてんぷらを試す事をお勧めします。
Leは間接補語人称代名詞で正しいですか。自動詞が間接補語人称代名詞をとると習ったように思いますがconsiglioは他動詞です。ここの所が分かりません。考え方を教えてください。
間接補語人称代名詞は他動詞でも取るのでしょうか教えてくださいませ。
 

Genovaを案内します!

 投稿者:frankshokoメール  投稿日:2017年 8月30日(水)00時03分36秒
返信・引用
  Ciao a tutti!
私の名前はフランチェスコ、イタリア人です。私と私の恋人は今ジェノバにおり、9月5日まで暇な時間があります。
もしどなたかジェノバかまたはジェノバの近くにいる方でジェノバ内のどこかに連れて行ってほしかったり、案内してほしいという方はここに書くか、メッセンジャーに書いてください。
私は少ししか日本語が話せませんが、恋人が日本人です。

どなたか観光の助けが必要な人は連絡ください?
二人とも20代です。
直接LINEをくださっても構いません。
LINE ID: frankitaly1789
Ciao a presto!!!
 

第45回検定

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 8月15日(火)10時34分58秒
返信・引用
  10月1日開催の第45回、秋季検定の申し込み受け付けは、今日締め切りとなります。
ウェブでの申込は今日の24時までですので、遅れないようご注意ください!

書店や学校などの窓口で申し込まれた方、および金融機関で受験料を振り込まれた方は、受験申込書を受験サポートセンターまで忘れずに郵送して下さい。受験料をお支払いただいただけでは申し込みは成立しませんので、ご注意お願いします。

皆さん、本番に向けて十分に準備され、実力を発揮して下さいね!

http://iken.gr.jp

 

イタリア会会報「イタリア」

 投稿者:東京外語イタリア会メール  投稿日:2017年 7月 1日(土)16時15分46秒
返信・引用 編集済
  ★「東京外語イタリア会」は、東京外大イタリア語学科同窓会。2016年から年2回イタリア会会報「イタリア」を発行しています。内容は、語学から文学・美術・建築・音楽・スポーツ・演劇・食文化・歴史・映画まで様々な分野のイタリア文化紹介特集「イタリアからなにを学ぶか」や新特集「イタリアで広がる日本の文化」など、錚々たる執筆者によるイタリアのことばと文化にまつわるコラムやレポートが満載されています。イタリア語学習者にもお薦め。2017年6月20日、第5号発行。A5判、48ページ。詳細及び購読申込みは下記URLから。

★ 2017年7月30日(日)、JR高田馬場駅早稲田口前の高田馬場F1ビル8階ホールにおいて、12:00~13:30イタリア文化講演会「イタリア未来派-見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れる五感の前衛芸術」、その後14:00~15:30懇親会を開催いたします。料理提供:リストランテ文流高田馬場店。東京外大イタリア語学科同窓生でなくても、イタリアに興味を持つ方なら大歓迎です。参加ご希望の方は事務局にお申込みください。詳細及び参加申込みは下記URLから。

お問合せ先:seiichi_suzuki@nifty.com

http://tufsclubitalia.tci-japan.org/index.html

 

新刊イタリア留学誌のご案内

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 6月23日(金)15時26分26秒
返信・引用 編集済
  イタリアに特化した留学情報誌『Study in Italy Vol.1』が6月28日に発売されます。

様々な留学経験者の体験談や各地学校の案内が掲載。当検定協会も「留学前に知っておきたいイタリア語学習法」を掲載させていただいています。これからイタリア留学を検討している方に必携の一冊です。

発行:株式会社アルク
企画・制作:株式会社トゥモロー
定価:本体907円+税

http://www.anokuni.com/studyin/italy/

 

映画好きの方必見!

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 6月22日(木)12時32分51秒
返信・引用 編集済
  ミニシアター「ユジク阿佐ヶ谷」さんでは、7/1より「イタリア映画の特集上映」が開催されます。

今回の特集では、2013年から続く特集上映「Viva!イタリア」の第3弾が現在全国で公開されているのを記念して、第1弾・第2弾で特集された全6作が上映されます。

特集名:『Viva!イタリアVol.3公開記念 選りすぐり名作選』
上映期間:7/1(土)~7/14(金)
上映予定作品:
「もうひとつの世界」:7/1(土)・7/7(金)・7/8(土) 11:00-
「ハートの問題」:7/2(日)・7/9(日) 11:00-
「最後のキス」:7/3(月)・7/10(月) 11:00-
「フェデリコという不思議な存在」:7/4(火)・7/11(火)・7/14(金) 11:00-
「夫婦の危機」:7/5(水)・7/12(水) 11:00-
「ただひとりの父親」:7/6(木)・7/13(木) 11:00-

ちらしはこちらでご覧いただけます。
映画がお好きな方は、足をお運びになってはいかがでしょうか?

http://iken.gr.jp

 

Re: イタリア語

 投稿者:事務局 佐藤  投稿日:2017年 5月22日(月)18時27分4秒
返信・引用 編集済
  > No.489[元記事へ]

みつばちさんへのお返事です。

みつばちさん
ご投稿をありがとうございます!
イタリア語の文法は本当に難しいですよね。特に、初心者の方は、暗記しなければいけないことが多く、いきなり最高峰の山を迎えることになります。動詞の現在形や近過去の過去分詞は不規則が多く、覚えるのも一苦労ですが、未来形や半過去形などは、比較的イレギュラーの形が少ないので、どうかがんばって最初の山を乗り越えてください!
また、何かわからないことなどありましたら、ご投稿していただければと思います。
Allora, buono studio!!

 

イタリア語

 投稿者:みつばち  投稿日:2017年 5月22日(月)15時15分11秒
返信・引用 編集済
  初めての投稿です。イタリア語はとても文法が難しいですね。「イタリア人の話が聞き取れて会話できる」を目標に、しっかり勉強して検定試験を受けられるよう頑張りたいです。今後 この掲示板情報を利用させていただくと思います。どうそよろしく。

  イタリア語検定協会の岩崎さま 掲示板を正しく訂正できました。ありがとうございました。
 

6月イタリア文化 特別講座『南イタリアのルネサンス』

 投稿者:吉祥寺 LCIイタリアカルチャースタジオメール  投稿日:2017年 5月 7日(日)16時37分6秒
返信・引用
  吉祥寺のイタリア語教室 LCI イタリアカルチャースタジオです。

どなたでも参加できる文化特別講座を6月に行います。

シチリアなど南イタリアの旅行の際にも知っておきたい知識満載です。
歴史、逸話や関連する芸術の数々をシチリア出身イタリア人講師よりご紹介。日本語通訳付き。
南イタリアのルネサンス時代は、北部の貴族社会とは異なり、王朝が統一を図ります。
この講座では分かり易く時代の流れと共にご紹介致します。
 ★教会の分裂~教皇&対立教皇
 ★ボルゲーゼ美術館と枢機卿Scipione Borghese
 ★シュヴァーベン(SVEVI)王朝~FedericoII とアンジュ―シチリア(ANGIOINI)家
 ★イタリア美術に見られるフランスの影響
 ★建築:SVEVIとANGIOINIの城建築技術を比較
 ★王家の紋章

日時: 2017年6月18日(日)12:00~14:00
講師:  Arianna Lo Giudice
会費: 4500円 (イタリア語コース生徒割引:4000円)

お申込みはこちらへ  info@lci-italia.com

http://lci-italia.com/2017/03/semianario-rinascimento2.html

 

第13回イタリア語作文・翻訳コンテスト開催

 投稿者:日伊学院メール  投稿日:2017年 4月25日(火)14時43分34秒
返信・引用 編集済
  日伊学院では、恒例のイタリア語作文・翻訳コンテストを開催します。このコンテストは、どなたでもご応募いただけます。レベル毎に6つの部門があり、翻訳経験の有無は一切問いません。
イタリア語学習の励みの一つとして応募してみませんか?
参加申込期間 : 2017年5月1日(月)~6月29日(木)
参加費用 :無料
課題発表 : 2017年6月30日(金)正午 12:00 日伊学院HPに掲載
結果発表 : 2017年7月28日(金)正午 12:00 日伊学院HPに掲載
各部門の最優秀賞の方に20,000 円の受講券を差し上げます。
【お問合せ】
日伊学院 東京校
〒150-0031東京都渋谷区桜丘町8-18 プレム桜丘4F
Tel: 03-3477-0615
www.nichii-gakuin.com

詳細・お申し込みは、

http://nichii-gakuin.com/cms/news/archives/4114

 

金沢でイベント開催しました2

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 4月12日(水)15時06分1秒
返信・引用
  画像を追加します~~~

http://iken.gr.jp

 

金沢でイベント開催しました

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 4月12日(水)15時04分52秒
返信・引用 編集済
  4月9日、金沢で「スローフードとイタリア語 in 金沢」と題し、無料講習会のイベントを開催してまいりました。
前日は講師の先生たちと兼六園・金沢城公園などを散策し、夏のような日差しの下で眩しいくらいに輝く満開の桜を堪能しました。
イベント当日は前日とは打って変わった寒さとなりましたが、たくさんの方にご参加いただき、ベテラン講師陣による講演や体験レッスンを楽しんでいただきました。
共催として準備や場所の提供など、大変なご協力をいただいた北國新聞文化センターの皆様に、この場を借りて篤く御礼申し上げます。
次回のイベント開催地は未定ですが、また来年もこのようなイベントを開催できればと思っておりますので、楽しみにしていて下さい!

http://iken.gr.jp

 

石井元章『明治期のイタリア留学 文化受容と語学習得』講演会

 投稿者:イタリア文化会館 図書室メール  投稿日:2017年 4月 1日(土)10時53分55秒
返信・引用
  本書は1873年から1887年という日伊交流の黎明期にトリノとヴェネツィアに留学し、文字通り命を懸けて己の道を模索した日本人学生らに関する近年の研究をまとめた著作です。明治期の若者たちがいかに真摯に人生と向き合っていたか、著者自らが語ります。

参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。
https://iictokyobooking.net/rsv/252/

■日 時 4月6日(木)18:30(18:00開場)
■会 場 イタリア文化会館 ホワイエ(「イタリアブックフェア2017」会場内より入場)
■入 場 入場無料(要申込・予約専用HPで申込)
■主 催 イタリア文化会館
■お問合せ イタリア文化会館図書室 Tel.03-3264-6011(内線23)
e-mail: biblioteca.iictokyo@esteri.it

http://www.iictokyo.com/bookfair/events.html

 

イタリアブックフェア 書籍紹介セミナー

 投稿者:イタリア文化会館 図書室メール  投稿日:2017年 3月31日(金)15時04分39秒
返信・引用 編集済
  イタリアブックフェアの一環として、今年もオペラ、建築、料理、語学など幅広い分野の書籍を紹介するセミナーを行います。

著作までに至る秘話なども交え、著者本人から直接お話を聞けるまたとない機会です。
イタリア文化に、より深く触れてみてはいかがですか。

【プログラム】
●14時~フェデリコ・スカローニ『危機と都市』(左右社):都市の危機を巡る日伊の比較研究から都市史のあらたな地平を描く。
●15時~中村浩子「トルナトーレ監督の映画とイタリア郷土料理」
●16時~本多孝昭『本気で学ぶイタリア語』(ベレ出版):イタリア語を勉強したいと本気でお考えの初心者に最適の初級文法書。
●17時~河野典子「イタリア・オペラ・ガイド」(星雲社):客席からはけっして見えないオペラ歌手や指揮者の世界。

■日 時 4月1日(土)各開始時間
■会 場 イタリア文化会館エキジビションホールから入場
■入 場 申込不要・参加自由、先着定員制、入場無料
■主 催/お問合せ イタリア文化会館図書室 Tel.03-3264-6011(内線23)
e-mail: biblioteca.iictokyo@esteri.it

http://www.iictokyo.com/bookfair/events.html#seminari

 

結果発表

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 3月31日(金)13時26分47秒
返信・引用 編集済
  採点処理と、合否基準点の決定・検証作業が予想外にスムーズに進んだお蔭で、予定よりだいぶ早く合格者が判明しました。
さっそく試験結果のページに合格者の受験番号を発表しました。
見事に合格された皆さん、おめでとうございます!
エイプリルフールの一日前に発表することができて、ほっとしています。(笑)
そして、惜しくも僅差で合格を逃した皆さん、これに懲りず、さらに磨きをかけて次回に挑戦なさってくださいね!

http://iken.gr.jp

 

特別デザイン展 「OFFICINA CORRAINI - アートとデザインをつなぐ出版社」のご案内

 投稿者:イタリア文化会館 図書室メール  投稿日:2017年 3月30日(木)11時49分3秒
返信・引用 編集済
  1973年にマントヴァで創立されたコッライーニ社は、出版社であると同時にアートギャラリーでもあり、そして実験や研究のためのスペースでもあります。

コッライーニ社はブルーノ・ムナーリの作品を数多く出版していることで知られていますが、エンツォ・マリやエットレ・ソットサスといったイタリア人アーティストの作品はもちろん、五味太郎、こうのあおい、三浦太郎といった日本人アーティストの作品も出版しています。これらのユニークな作品からは、コッライーニ社がつねに創造性と想像力に開かれた場所であることがわかります。

本展では、初期のカタログや、子供向けの本を展示し、またムナーリとの出会い、国際市場へのアプローチ、偉大なマエストロから若手にいたるまでの様々な芸術家、イラストレーター、デザイナー達との仕事、印刷会社や企業、公的機関とのコラボレーションを写真やイラストなどで紹介し、コッライーニ社の歩みをたどります。

 ※イタリアブックフェア2017会場内での展示です。
 ※展示している書籍の一部は、ブックフェア会場の洋書売り場にて販売もしています。

■日 時 3月27日(月)~4月9日(日) 11:00~19:00(「イタリアブックフェア2017」同時開催)
■会 場 イタリア文化会館1階 エキジビションホール
■入 場 無料
■主 催 イタリア文化会館
■お問合せ イタリア文化会館図書室
Tel.03-3264-6011(内線23)
e-mail: biblioteca.iictokyo@esteri.it

http://www.iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/ja/gli_eventi/calendario/2017/03/officina-corraini-un-editore-italiano_0.html

 

「ローマのお花見」のお知らせ

 投稿者:イタリア文化会館 図書室メール  投稿日:2017年 3月29日(水)11時26分7秒
返信・引用 編集済
  「日本の散歩道(Passeggiata del Giappone)」は、
エウル(EUR)地区にある人工湖のエウル湖を周回するエウル湖中央公園の遊歩道で、
多数の人々が訪れます。「ソメイヨシノ」(学名:Prunus Yedoensis)は、
長きにわたって築かれてきたイタリアと日本の友好関係のシンボルとして「日本の散歩道」を彩るために東京都より寄贈されました。

それから数年後、ローマで毎年日本の桜が咲くようになりました。
そして今日、ローマっ子の間で「お花見」が流行しはじめています。
この写真展を通して、皆さんもローマでも話題となりつつある「hanami」を楽しんでください!

なお本展は、イタリアブックフェア2017」との同時開催となります。

■日 時 3月27日(月)~4月9日(日)   11:00~19:00 (「イタリアブックフェア2017」同時開催)
■会 場 イタリア文化会館1階 エキジビションホール
■入 場 無料
■主 催 イタリア文化会館
■お問合せ イタリア文化会館図書室
Tel.03-3264-6011(内線23)
e-mail: biblioteca.iictokyo@esteri.it

資料提供:Archivio storico - Istituto Luce Cinecittà, Daiichi Sankyo Italia S.p.A.
画像提供:Marta Annecchiarico, Luca Cabibbo, Andrea Cacciotti, Daniele Dorelli, Andrea Gennari, Francesco Minisci per “Valigia a due piazze” di Elisa Pasino, Elisa Tommasi, Giovanni Tufo

http://www.iictokyo.com/bookfair/

 

イタリア映画祭2017

 投稿者:事務局メール  投稿日:2017年 3月28日(火)13時35分42秒
返信・引用 編集済
  今春も毎年恒例の『イタリア映画祭』が、東京と大阪で開催されます。17回目を迎える今回は、2016年以降に制作された日本未公開の新作15本に、新作と関連がある過去の映画祭で人気が高かった5本の作品が加わり、例年より豊富なラインアップの20本の作品が上映されます。イタリア語検定では、映画を題材にした問題が出題されることもあります。映画を観て楽しみながら、リスニング力を高めてみてはいかがでしょうか。

東京:4月29日(土)~5月6日(土)・有楽町朝日ホール

大阪:5月13日(土)、14日(日)・ABCホール

イタリア映画祭2017公式サイト

http://www.asahi.com/italia/2017/

 

サンドローネ・ダツィエーリ講演会「イタリアミステリーの今-小説からドラマへ」

 投稿者:イタリア文化会館 図書室メール  投稿日:2017年 3月28日(火)11時30分27秒
返信・引用
  1990年代後半、英米あるいはフランスの探偵小説の技法を用いて、「犯罪」の視点からイタリアを語ろうとする新しい作家たちが登場します。その後、推理小説はイタリア国内で一大人気ジャンルとなりましたが、国外での評価は芳しくありませんでした。
しかし今、私たちは歴史的変化を目の当たりにしています。イタリアミステリーは全世界で翻訳され、そのイタリアらしさが注目を集めており、北欧ミステリーのように爆発的にヒットするのではないかとさえ言われています。本講演では、新進気鋭のイタリアミステリー作家らの特徴、ノワール小説に変化を与えている地中海的要素、予測される今後の傾向について、テレビドラマや映画の脚本家としても活躍するミステリー作家サンドローネ・ダツィエーリが語ります。(日本語逐次通訳付)

参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。
https://iictokyobooking.net/rsv/248/

なお本展は、イタリアブックフェア2017」との同時開催となります。

■日 時 4月5日(水)18:30~20:00(開場:18:00)
■会 場 イタリア文化会館 アニェッリホール
■入 場 無料
■主 催 イタリア文化会館
■お問合せ イタリア文化会館図書室
Tel.03-3264-6011(内線23)
e-mail: biblioteca.iictokyo@esteri.it

http://www.iictokyo.com/eventi/log/eid420.html

 

「イタリアブックフェア2017」開催のお知らせ

 投稿者:イタリア文化会館 図書室メール  投稿日:2017年 3月27日(月)14時35分23秒
返信・引用
  毎春の恒例イベントとなった「イタリアブックフェア」は、今年で第9回を迎えます。

今回は2014年以降に出版された書籍を中心に、約700点のイタリア関連日本語書籍と、イタリア語書籍を展示します。また書籍販売コーナーを設ける他、本に関わる多彩なイベントも開催いたします。イタリアについての本をまとめて手に取っていただけるまたとない機会です。

ぜひ千鳥ヶ淵のお花見をかねてご来場ください!

■日 時 3月27日(月)~4月9日(日)   11:00~19:00
■会 場 イタリア文化会館1階 エキジビションホール
■入 場 無料
■主 催 イタリア文化会館
■協 力 紀伊國屋書店、いたばしボローニャ子ども絵本館
■後 援 千代田区
■お問合せ イタリア文化会館図書室
Tel.03-3264-6011(内線23)
e-mail: biblioteca.iictokyo@esteri.it

http://www.iictokyo.com/bookfair/

 

4月29日(土祝)文法の日イタリア語セミナーのお知らせ

 投稿者:日伊学院メール  投稿日:2017年 3月27日(月)10時49分18秒
返信・引用
  今年も文法の日セミナーが開催されます。
「文法の日」とは、毎年4月から6月に、社団法人 全国外国語教育振興協会加盟校とその仲間が協力して、文法に関するセミナーやイベントを全国各地で開催する日です。
イタリア語のセミナーも開催されます。

■講座名「条件法の現在形」10:00~13:00
「~したいものだ」「~かもしれない」など、イタリア語の「婉曲表現」にあたる条件法の現在形。 必要になるシーンは沢山あるのに混乱しがちでうまく使えないことも。 覚えてしまえば会話でとても役立ちます。 コミュニケーションを取りながらの実践練習で、使い方をマスターしましょう!

■講座名「直接代名詞」14:00~17:00
日本語でいうところの「~を」にあたる直接目的代名詞。 しっかり覚えていないと会話の中で出てきたときに、分からなくなってしますよね。 この機会に頭の引き出しを整理しませんか? 使いこなせるようになれば、自然なイタリア語表現が身に付きます。

■日 時:2017年4月29日(土・祝)
■講 師:Faliero S.先生(日伊学院講師)
■受講料:500円(在校生)/ 1,000円(一般)
■会 場:日伊学院 JR渋谷駅6分 TEL03-3477-0615
■セミナー詳細は下記HPへ
全国外国語教育振興協会http://www.zengaikyo.jp/
日伊学院HP http://nichii-gakuin.com/cms/news/archives/2126
 

/15